「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント】栃木SC 2/16TMテゲバジャーロ宮崎戦後の宮崎泰右「最後の質の部分はやらないとダメ」仙石廉「いける選手がたくさんいるのはいい部分」広瀬健太「コンビネーションはまだまだ」

16日、栃木SCはテゲバジャーロ宮崎とトレーニングマッチ45分×3本を行った。以下、試合後の宮崎泰右、仙石廉、広瀬健太のコメント。 

 

宮崎泰右

最後の質を上げないとダメ

 

――この試合はどこに重きを置いてプレーしましたか。

「戦術を確かめる意味も含めて臨んだんですけど、まだ選手同士で意思統一はできていなくて、攻撃の部分、守備の部分、まだまだのところが多かったですね」

――前半はボールをかなり持って攻めていましたが。

(残り 1458文字/全文: 1669文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ