「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【レビュー】栃木SC J3第2節ガイナーレ鳥取戦 前半35分過ぎの悔やまれる『魔の10分間』。詰めの甘さを露呈し、痛すぎる開幕2戦連続ドロー。

2017治安田生命J3リーグ第2節
2017年3月19日13時キックオフ とりぎんバードスタジアム
入場者数 2,435人
天候 晴れ、無風
気温 20.3℃
湿度 37%
ピッチ 全面良芝、乾燥

ガイナーレ鳥取 1-1 栃木SC
(前半1-1、後半0-0)
得点者:19分 牛之濵拓(栃木)、45分+1 加藤潤也(鳥取)

スターティングメンバー
◆栃木SC
GK 15 ジョニー レオーニ
DF 4 広瀬 健太
DF 5 尾本 敬
DF 17 福岡 将太
DF 26 夛田 凌輔
MF 11 岡﨑 建哉
MF 16 仙石 廉
MF 28 安藤 由翔
FW 21 牛之濵 拓
FW 19 服部 康平
FW 14 西谷 和希
控えメンバー
GK 1 竹重 安希彦
DF 18 坂田 良太
DF 7 菅 和範
MF 38 宮崎 泰右
MF 6 古波津 辰希
FW 8 廣瀬 浩二
FW 9 竹中 公基
監督 横山 雄次

57分 安藤→宮崎
77分 岡崎→古波津
79分 西谷→竹中

 

35分過ぎに迎えた最悪の時間帯

後半修正できただけに悔やまれる魔の10分間

 

 

前半が悪かった。

特に35分過ぎから失点する前半のアディショナルタイムまでの時間帯が悪すぎた。

待望の先制ゴールを奪えた試合だっただけに、そして、後半は修正して前から奪えるシーンも作り出していただけに、悔やまれる前半であり、前半終了間際の失点だった。

 

前半、栃木は前から奪いにいかなかった。

プレスの頂点にいる1トップの服部康平の守備ポジションはハーフウェイライン付近。開幕ゲームの琉球戦と比べると、ブロックの位置を下げて、かなり慎重に相手を見ている、という印象の守備だった。

(残り 6652文字/全文: 7328文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ