「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【練習レポート4/21】栃木SC 続・緊張感のある練習

 

 

 

冒頭は、止める・蹴るをバリエーションを変えながらのトレーニング。これはいつも通り。

その後は攻撃と守備の2グループがわかれた。

 

攻撃のグループは、『ぺナ横』侵入のトレーニング(上記写真)。

前節の沼津戦のラスト、決勝ゴールが決まった崩しも『ぺナ横』ことペナルティエリアの横のラインで和田達也がボールを受けて中央へクロス、という形からだったが、その再現を試みるかのように何度も繰り返した。

(残り 1317文字/全文: 1511文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ