「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【PLAYERS Column】栃木SC メンデスと最終ラインを組んだ広瀬健太が前節やったこと「試合後、気づいたら声が枯れていました」

 

前節の鹿児島戦、CBメンデスは栃木で初出場を飾ったが、CBでコンビを組んだのは広瀬健太だった。

「試合の映像はみました。前半は横のつながりのスライド不足で何本かピンチはありましたけど、後半は修正できて、お互が声を出し合ってうまく対応できていたのかなと思います。後半はもう少しラインを上げられるタイミングはあったので、そこは今後話し合って改善しないといけないと思います」

あの試合直後、広瀬は「メンデスは意外にやりやすかったですね」と開口一番に話してくれたが、改めて映像を見返してもその感想は変わらないという。

(残り 1843文字/全文: 2096文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ