タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

津田大介のメディアの現場 お申込みはコチラから!

「サンプル」の記事アーカイブ

vol.0 「メディアの現場」創刊にあたって

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

ども、津田大介です。

ここ1年ほど「津田くん、有料メルマガやればいいじゃん」って話をされることが多くなりました。ソーシャルメディアが普及したことで、90年代後半から存在した「有料メルマガ」というオールドなビジネスモデルが個人のマネタイズ手段として新たに再定義され、多くのジャーナリストがこぞって有料メルマガビジネスに参入している状況を受けてのことでしょう。

有料メルマガに興味がなかったわけではないですし、いくつかそういうお話もいただいていたのですが、ただでさえ筆の遅い僕のことですから、「まぁ普通に毎週メルマガ出すとかムリムリ」と思って放置しておりました。

最近は原稿書き以外の仕事が増え、マスメディアやニコニコ生放送などへの出演がメインの仕事になってきました。そんな中、昨年末ぐらいからぼんやりと考えていたのは、「政治――特に政策にフォーカスしたネットメディア作りたいな」ということだったんですね。

とにかく新聞やテレビの政局報道がクソつまらない。細かい政策のアジェンダや、政策を実施した際のシミュレーションなど、もっとこっちが知りたい話を報道してほしい。日本にそういうメディアがゼロとは言いませんが、少なくともネットにはなかなかないなぁと。

ポップカルチャーニュースサイトの「ナタリー」を作った時もそうだったんですけど、僕の場合「世の中にそういうメディアがないんだったら作るか!」的な発想になるんですね。なので、実際に作るコンセプトとかを昨年末くらいからちょっとずつ考え始めたんです(原稿書きから現実逃避するためにという説もありますが……)。

続きを見る »

vol.0_1 『今週のニュースピックアップ』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

津田大介が今気になっているニュースを毎週1つピックアップし、解説します。
〔毎号配信〕

違法ダウンロードの刑事罰化で何が変わる?

――違法ダウンロードの刑事罰化ってなんですか?

現在、国会で違法な著作物のダウンロードに刑事罰を科すことが議員立法で決められそうになっています。

そもそも「ダウンロード違法化」とは、ネットに上がっている違法な音楽や動画のファイルをダウンロードした場合、その行為が違法になるというもの [*1]
2010年1月の著作権法改正で施行されました。

ただし、無辜のユーザーに被害を与えないため、法律的にはかなり制限がかけられているんです。違法になるのはユーザーがアップされている著作物を「違法である」と知ってダウンロードした場合のみで、その対象も音楽と動画に限られています。つまり、合法なのか違法なのかよく知らずにダウンロードした場合はセーフという、ある意味ゆるい縛りなんですね。加えてこれには刑事罰が付いていなかった。いわば未成年者の飲酒喫煙みたいなもので、実質的には規範的なものでしかなかったと言えます。

続きを見る »

vol.0_2 『ネットメディアを作ろう』(サンプル)

「政策にフォーカスした政治のネットメディア」とはどのようなものなのか。
また、それを一から立ち上げ、マネタイズしていくまでの長い道のりを、リアルタイムにレポートしていきます。
〔隔週、第1・第3水曜配信〕

vol.0_3 『ソーシャルメディア・ジャーナリズムの現在』(サンプル)

ツイッターやFacebook、YouTube、ニコニコ動画など、ソーシャルメディアの台頭によって、ジャーナリズムのあり方が大きく様変わりしています。この連載では、その最新事例の紹介から、今後のジャーナリズムが担うべき役割などを連載形式でお伝えします。
〔隔週、第2・第4水曜配信〕

vol.0_4 『メディア/イベントプレイバック』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

僕が出演した番組やトークイベントなどで、内容が面白かったものをテキストで読みやすく再編集してお届けします。原発・放射線の問題や政治全般、著作権、音楽の話までテーマは多岐にわたる予定です。〔毎号配信〕

vol.0のゲストは、早稲田大学社会科学総合学術院教授の久塚純一さんです。

「子ども手当」とは何だったのか

(8月9日 J-WAVE『JAM THE WORLD』「15MINUTES」より)

出演:久塚純一(早稲田大学社会科学総合学術院教授)、高橋杏美(『JAM THEWORLD』リポーター)、津田大介


高橋:8月4日、民主・自民・公明の3党は15歳以下の子ども一人あたりに対して毎月1万3000円が支給されている子ども手当を廃止して、政権交代前にあった児童手当を復活させる方向で合意しました。

津田:子ども手当というのは、これで民主党が政権をとったと言っても過言ではないくらい目玉の政策でしたよね。それが財政が厳しくなったから止めるというのはあまりにも場当たり的対応だということで非難されても仕方がない。とはいえ、僕たちも実際のところ、子ども手当の意義や効果について、いまいちわかっていない部分も多いわけです。そこで今回は専門家の方にお話を伺って学んでいきたいと思います。

高橋:今夜は子育て支援の問題に詳しい早稲田大学社会科学総合学術院教授・久塚純一さんをお招きして、子育て支援のあるべきかたちについて考えたいと思います。久塚先生、よろしくお願いします。

久塚:はい。本当に懐かしい方が目の前にいてね。津田さんなんですね。

続きを見る »

vol.0_5 『今週の原発情報クリッピング〔2011/08/22~08/28〕』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

ここ1週間で話題になった原発・放射線に関するニュースの中から、特に注目すべき、読んでおきたいニュースを、アシスタントの小嶋裕一(@mutevox)が紹介します(※ニュースのリンクはリンク先の都合によりリンク切れになっていることがあります)。
〔毎号配信〕

10m以上の津波想定 直前に報告

(NHKニュース/8月24日)→リンク

「福島第一原発を10m以上の津波が襲う可能性がある」という2008年の東京電力の試算が国に報告されたのは、3.11の4日前だったという話。浜岡原発の津波対策で、防波壁を2、3年ほどかけて設置する予定となっていることからもわかるように、3年という時間があれば、津波対策は十分可能であることがわかる。東京電力はこれまでの会見の中で、土木学会の指針に基づいて津波対策を行ってきたと回答してきた(福島第一原発の場合は5.7m)。ちなみに、2008年の試算を出したのもこの土木学会。土木学会の原子力土木委員会には、東京電力をはじめ、各電力会社が名を連ねている(詳細→コチラ)。

続きを見る »

vol.0_6 『津田大介クロニクル』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

僕が過去に書いた原稿の中から、今読み返してみると面白そうなものを選んで掲載します。雑誌ライター時代のものから、ジャーナリスト活動初期の原稿まで、書かれた時代背景を思い出しながらお楽しみいただければ幸いです。

 


 

 

音楽業界に新たなムーブメント DTMソフトが新しい音楽を生み出す

(初出:『MacPeople』2008年2月号「津田大介の音楽配信一刀両断 第31回」)

07年最後の連載ということもあり、今回は今年の日本の音楽配信ネタを総括しようと思ったのだが、いざ「日本」という枠組みで音楽配信周りのことを考えると途端にネタが出てこない。というのも、日本の音楽配信の現状は「PC向けはどこも沈滞。着うたフルは絶好調。以上!」で終わってしまうからだ。

続きを見る »

vol.0_7 『津田大介のデジタル日記〔2011/8/24~08/31〕』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

ツイッターでは書ききれない、いろいろな日常の記録をこちらに書いていきま
す。
〔毎号配信〕

■8/24(水)

●午後3時から平河町でラジオデイズの収録。ゲストは大友良英さん。

●初めてちゃんと話した大友さんは、とても面白かった。今までの俺のラジオデイズの中でも出色の回だったんじゃないかと思う。

●ラジオって楽しい!

●終了後中野に移動してOil in Life。今回のゲストは奥村大さん。話しているフィーリングがとても良くて、ついつい長話をしてしまった。

続きを見る »

vol.0_8 『140字で答えるQ&A』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

読者の方からのあらゆる質問に、できるだけ140字以内で答えていきます。質問は 140qa@neo-logue.com までどうぞ。ただし、すべての質問に回答できるとは限りませんので、あらかじめご了承ください。なお、質問受付は毎週日曜締めとさせていただきます。

■Q1 津田さんが購読しているメルマガは?

高城剛メルマガです。超面白いですよ。津田大介メルマガとの併読をおすすめします。

■Q2 津田さんが今もっとも注目している人を教えてください。

「NEWSWEEK日本版」編集主幹の竹田圭吾さん(@KeigoTakeda)がダントツですね。物の見方やツイートのセンスにシビれます。今一番面白いツイッタラーだ
と思います。

続きを見る »

vol.0_9 『メディア・イベント出演、掲載予定〔2011/09/1~09/7〕』(サンプル)

津田大介の「メディアの現場」2011.8.31(vol.0/創刊準備号)

この先1週間のメディア・イベント出演、掲載予定です。

▼レギュラー出演
【Radio】
J-WAVE「JAM THE WORLD」
放送:毎週火曜日 20:00~22:00
Ustream→コチラ

===寄稿===
■思想地図β vol.2(合同会社コンテクチュアズ)
ルポルタージュ
ソーシャルメディアは東北を再生可能か─ローカルコミュニティの自立と復興
9月1日発売

[Amazonで購入]→コチラ