浦レポ by 浦和フットボール通信

新加入選手記者会見。矢島「ルヴァンカップ決勝を観てスタジアムの雰囲気やサポーターの雰囲気が凄くて、ここでやろうと思った」

dsc_0393_r

新加入の7人が会見で意気込みを語る。

Report by 河合貴子
昨シーズン年間首位になりながら、チャンピオンシップで敗退した浦和は、2017シーズンを迎えるにあたり、新潟からラファエル・シルバ選手、横浜FMから榎本哲也選手、湘南から菊池大介選手、千葉からオナイウ・阿道選手、期限付き移籍して福岡から田村友選手を獲得し、また期限付き移籍していた長澤和輝選手を千葉から、矢島慎也選手を岡山から復帰させて7選手を補強した。

少し緊張した雰囲気で始まった加入選手の記者会見は、山道守彦強化部長が「チャンピオンシップは、悔しい思いをした。当然、チームを強化する。だが、チームは補強は簡単なリストアップではいけない。試合に出ていること。コンビネーションプレーに合うこと。若くて浦和に来て将来を担ってくれること。ミシャと相談して決めた。継続する施策とさらにクラブを安定化するチーム作りをしていく今シーズンの補強だ」と補強の狙いを話した。

dsc_0503_r

新潟から移籍したラファエル・シルバ選手は「スピードを含めて個人での打開とドリブルは強みだと思う。持ち味をチームのために出せれば良い。チームに貢献してタイトルを得ることが夢で、確実に手にしたい。自分の力でこのチームを救う。ゴールに背を向けないでプレー出来るシャドウでプレーをさせてもらいたい。一日も早く練習を始めて、連携をつめるところから始めたい」と話し、「背番号8は、格のある選手になりたい。責任感を背負う意味でこの番号を選んだ」と意気込んだ。

山道強化本部長は「新潟での活躍は知っていた。ポストプレーも出来て、ワンタッチプレー、第三の動きも出来る。これから伸びていく選手だ」と期待を寄せた。

(残り 2020文字/全文: 2723文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ