浦レポ by 浦和フットボール通信

【選手ミニコラム】怪我で出遅れた駒井「1対1で仕掛けられたし、戻って来た感じだ」

「一発目の試合に勝てればチームに良い影響が出る」

(Report by 河合貴子)

沖縄1次キャンプで右足の太腿を肉離れしてしまい出遅れてしまった駒井善成選手。

順調な回復を見せて2月12日のさいたまシティーカップ・ソウル戦に何とか間に合わすことが出来たが、「怪我明けで足が地に着かない感じでフワフワしてた」と試合後に話していた。だが、フジゼロックススーパーカップを目前にして調子を取り戻してきた。

駒井選手は「だいぶ良い感じだ。怪我には気をつけるタイプだったが、怪我してさらに対応の仕方を考えるようになった。オフの間にもっとしっかりと動いていかないといけない。怪我のリスクは、年を重ねるごとの高くなる。しっかりとケアをすれば防げる。筋肉系の怪我は防げる。ただ、競り合った後に膝を怪我するのは仕方がないが、しっかりとケアをしていく。怪我して良いことはないが、今回は考えさせられた」とシーズン初めの怪我から学んだことが多かったようだ。

(残り 397文字/全文: 807文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ