浦レポ by 浦和フットボール通信

【大原練習場こぼれ話】思ったよりもキツかった上海遠征に選手達も疲労困憊の様子

(Report by 河合貴子)

選手たちのコンディションにもバラつきが

ACL・アウェイ上海上港戦を闘い、3月16日に浦和へ戻って来た選手たちは、一夜明けても疲労困憊していた。

リーグ戦の次節はACLの日程の関係で日曜日開催になっているが、中3日でアウェイのG大阪が控えている。17日の練習では、ACLに出場した選手たちのコンディション別に、アップのボール回し参加の選手とアップは参加、アップとミニゲーム参加の3グループに分かれて練習が行われていた。

羽田空港から上海まで平均飛行時間は、3時間57分である。日本と上海の時差は、わずか1時間。試合出場時間や時差、移動時間などを考えてみても、ここまで選手たちのコンディションにバラつきが出ることは珍しい。

(残り 481文字/全文: 802文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ