浦レポ by 浦和フットボール通信

【選手ミニコラム】決めきれなかったシュートシーンに悔やむ、青木拓矢「決めればもっと楽な展開になった」

(Report by 河合貴子)

悔しさのあまり「寝られなかった」

「眠いです」と青木拓矢選手は、本当に眠そうに目をこすった。「寝られなかった」と下を向いた。

1-1の引き分けてわったG大阪戦から一夜明けた3月20日。穏やかな春の日差しとは裏腹に、拭い去れない悔しさや無念、後悔が押し寄せていた。

青木選手は「バランスが良く守れていた。みんな落ち着いてプレーしていた。前半に点が・・・。僕らが仕留めていれば、もっと楽な展開になった」と話した。試合を通して浦和が放ったシュートは16本。G大阪は、たったの4本。決定的チャンスが多かったのは、浦和だ。特に前半で、あのシュートが決まっていればと思うシーンがいくつもあった。

(残り 625文字/全文: 927文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ