浦レポ by 浦和フットボール通信

試合の運び方、守備の仕方、選手交代。問題山積の敗戦【明治安田生命Jリーグ第14節磐田戦】

阿部は2ゴールで気を吐くも

(取材・文)河合貴子

自滅で磐田に敗戦で今季2度めの連敗

代表ウィークを終えて2週間ぶりの再開となったJリーグ。浦和を愛する人々の期待とは裏腹に、磐田に2-4と敗戦。逆転に次ぐ逆転で勝ちきれなかったと言うよりは、「自滅」であった。降りしきる雨が、心の底まで濡らしていた。

前半の立ち上がりから、攻守に渡り1歩も2歩も動きが鋭かったのは磐田であった。

両ワイドが下がり5DFをする磐田に対して、浦和はワイドの選手を含めてそこに5枚が張り付きながら、DFの裏を狙う動きや、バイタルエリアの深い位置を狙う動きなどを見せたが、チャンスを掴みきれずシュートまで持ち込めない展開となってしまったのだ。

磐田の5DFラインは、ボールサイドに素早くスライドするだけでなく、浦和がDFの裏を狙うのを読んでしっかりと統率のとれたDFラインであった。前半に浦和がオフサイドになったシーンは、4回もあったのだ。

名波監督は「立ち上がりから我々の方が前掛かりにアクションを起こして、コレクティブにできていた。それからスライドと縦ズレの連動も非常にスムーズで、前半終了間際のCKから1点獲られる前あたりまで我々のゲームだった」と嬉しそうに話した。

(残り 2647文字/全文: 3230文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ