浦レポ by 浦和フットボール通信

恩師から学んだことを力に”2度目の”堀監督をしっかりと支える宇賀神友弥の思いとは

(Report by 河合貴子)

ペトロヴィッチ監督から学び成長したこと

「僕のサッカー人生において恩師と言える存在だった。監督の下でリーグ優勝、そして世界と闘うことができなったのが悔いとして残る。サッカーの哲学をもって、それをチームに落とし込める監督はなかなかいない。こんな素晴らしい監督に結果を出させなかった自分が情けない。悲しい」宇賀神友弥選手にとってペトロヴィッチ監督の存在は、大きかった。浦和でのプレーの功績を買われて、初めて日本代表の道が開けたのだ。

宇賀神選手は「考えて走ることが、自分として成長したと思う。大切なのは、ボールを持っている選手じゃなくて、その他の選手がどれだけ考えて走れているかだ。凄く学ばしてもらった。そういう理論的なところもありつつ、高校サッカーばりの精神論を言うこともある。

(残り 1231文字/全文: 1581文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ