浦レポ by 浦和フットボール通信

阿部勇樹「全ての力が合わさって、次のステージにいけた」大逆転勝利でアジアベスト4進出!【河合貴子 試合のポイント/ACL準々決勝第2戦川崎戦】

(取材・文) 河合貴子

アジア王者奪還に向け、劇的な勝利!

ACL準々決勝・第1戦川崎を1-3の敗戦を喫し、厳しい状況で向かえたホーム埼玉スタジアムでの第2戦。浦和の逆転勝利を信じて共に闘い、そして最後は、共に喜びを分かち合った。試合終了を告げる笛が、埼玉スタジアムの夜空に響き渡り赤い歓喜の渦に包まれた。川崎に先制を許すも、退場者を出し守備を固めた川崎を相手に根気よく攻め続けて、4-1と逆転勝利を収め、自らの手で上海行の切符を手にしたのだ。

浦和は、ACL準々決勝・第2戦の川崎戦に照準を合わせてきた柏木陽介選手とマウリシオ選手が先発。リーグの柏戦と同様に4-1-4-1の布陣で挑んだ。一方の川崎は、引き分けでも、2-1で敗戦しても準々決勝突破が決まるというアドバンテージの中でもしっかりと浦和に勝ちきる姿勢で、快勝したリーグの横浜FM戦のメンバーで臨んだ。

失点で「心が折れそうだった」興梠が貴重な同点弾

(残り 4162文字/全文: 4562文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ