浦レポ by 浦和フットボール通信

長澤和輝「ドイツでの経験が活きている」と感じた上海戦での手応えは?

(Report by 河合貴子)

リーグ戦初スタメンを狙う!

ACL準決勝・アウェイ上海上港戦で、インサイドハーフのポジションで縦横無尽に豊富な運動で走る回る長澤和輝選手の姿があった。

上海のオスカルやフッキに対しても恐れることなく、果敢にプレスを掛ける。間合い、寄せるタイミング、身体がぶつかり合ってもフィジカルの強さを発揮して存在感を見せ付けた。攻守に渡り非常にバランスの良い動きをしていた。

それでも長澤選手は「前でやりやすくやらせてもらえて、自分の良さをもっともっと出さないといけない」と身を引き締めて話しながらも「大学の時も前でやってたり、ドイツに行った時も攻撃的なミッドフィルダーをやらせてもらっていた。後ろから作るのも良いが、前で持ち運んだりするのが自分の持っている能力の1つだと思う」と自信を持ってプレーしていたのだ。

過酷な連戦の中で、展開力はもちろんであるが、前線からの守備の強さを恐らく堀監督は評価して先発で起用したのだろう。長澤選手は、見事にその期待に応えるプレーを魅せていた。

(残り 666文字/全文: 1110文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ