浦レポ by 浦和フットボール通信

思い入れのあるユアスタで躍動した武藤雄樹 運動量が可能にした可変システム【轡田哲朗レッズレビュー/明治安田生命Jリーグ第28節仙台戦】

(Report by 轡田哲朗)

デビューした場所でのアシスト

武藤雄樹にとって、アウェーのベガルタ仙台戦は少し特別なゲームだ。武藤は浦和に加入する前は、流通経済大から仙台に加入してプロサッカー選手の仲間入りを果たした。その加入初年度に東日本大震災も経験し、デビューしたのはこの日のゲームが行われたユアテックスタジアム仙台(ユアスタ)だ。それだけに、試合を前にした時点で「特別な思いを持っていますし、デビューした思い出のスタジアムですからね。サッカー専用で観客席との距離感からの雰囲気の良さもありますよね。サポーターが選手を動かすような素晴らしいスタジアムなんですよ」と、その思いの強さを話していた。

(残り 1794文字/全文: 2090文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ