タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

オランダのTVは夜9時以降は性器も挿入シーンも・・・権力批判と依存の関係 -ろくでなし子再逮捕 [10] -(松沢呉一) -3,260文字-

2014年12月29日19時04分 カテゴリ:性癖SM連載ろくでなしこ再逮捕わいせつ表現オランダ比較文化宗教キリスト教矯風会


権力依存が刑法175条を維持してきた

 

vivanon_sentence性表現の規制を求め、性産業の規制を求めてきた人たちこそが、ろくでなし子や北原みのりを逮捕させたことはもうおわかりかと思います。にもかかわらず、それを自覚せずにトンチンカンな権力批判をするおかしさ。

表現規制を求める人々のこのような体質もまた前々回説明した権力依存に基いているのだと思います。この国で刑法175条が維持されているのも、おそらくここに理由があります。

こういう人たちが欧米型のゾーニングを歓迎しないのはわかりやすい。そんな社会はイヤなのです。本当はアメリカやヨーロッパのやり方に少しも賛同していない。性表現なんてものはたただた潰せばよく、憲法なんてものは踏みにじってもいいのだと思っているのです。そうとしか思えない。

もし刑法175条を廃止して、ゾーニングを実施すると、自分で判断をしなければならない。チンコマンコを見たいのか見たくないのかを自分で判断しなければならない。欲望に負けて、チンコマンコを見てしまったら、誰のせいでもなく、自分の責任になる。それがイヤなのです。判断できず、責任をとりたくない自分のために、法が存在して欲しい。すべてはお上が決めて欲しい。自分らはそのお上にいつまでも文句をつけているだけの存在でいたい。

そういう人たちがのさばってきたのがこの国の現実です。

言い過ぎだと思うでしょ? しかし、現実にどういう論理でヨーロッパで深夜チンコマンコが放送されているのかを知れば納得すると思います。そして、これは表現規制を求める人たちだけの問題ではないことにも気づけます。国家や法に依存しない国民だから、ポルノは解禁され、ゾーニングが可能になったのであり、国家や法に依存する国民だから、日本はこうなのです。これは国家や法だけでなく、我々自身の問題です。

 

夜の9時から性器や挿入シーンがテレビで流せる国の意識

 

vivanon_sentence「ユーモアが『差別』になってしまったサッカー選手」に簡単に書いた話を改めて詳しく書いておきます。この話は他でも書いたことがありますが、ヨーロッパとこの日本がどれだけ違う考え方をしているのかよくわかるので、ここでも繰り返しておきます。

IMG_1165何年か前にオランダのテレビ番組が日本に取材に来ていた時のこと。世界の性風俗を取り上げる番組の取材です。当時、日本に来ていたオランダ人研究者の知人がいて、 彼に頼まれて私がコーディネイトをしました。

池袋にあったSMパブに彼らを連れていったところ、オランダから来ていた女性レポーター2名がすっかりその気にになり、ムチで男を叩き、店のM女が吊られているところも撮影してました(その時も写真を撮っているのですが、古いハードディスクがいかれてしまったので、ここに出したのはイメージ写真)。

「こんなの、テレビで流せるの?」

「全然問題ない」

私はてっきりCATVか衛星の番組だろうと思ったのですが、地上波だと言います。

日本の事情をよく知っているその研究者はこう説明してくれました。

「日本で言えばTBSみたいな局」

深夜でも、TBSがこれをオンエアすることは考えにくい。以前は深夜番組でお笑いモードでSMを取り上げることはありましたが、それも今は難しいし、当時でも裸の女が吊られているところは出せなかったでしょう。

さらにこう加えました。

「夜の9時からの番組です」

オランダでは、夜の9時以降は性器も出していい。挿入されているところを出してもいい。それにしても、女が吊られて鞭打たれているところはアウトなのではないかと思っていたのですが、あくまで合意のプレイである以上は問題なし。

オランダは特殊であって、ヨーロッパの標準ではないという意見も正しくはあり、夜の9時からこれが可能になる国は他に知らないですが、線引の時間が違うだけで、多くの国では同様に地上波ですべて出せます。ただし、暴力的と見なせるSMプレイについては表現規制の対象になる国もあります。イギリスはアウトかと思います。雑誌でもアウトなので。

しかし、「残酷」という側面の規制はオランダにもあるらしい。

「今まで収録してもオンエアできなかったのはペニスの切断シーンだけ」

身体改造のシーンです。トランスでもないのに切ったり割ったりする人たちがいます。日本にもいます。

「夜の9時だと、子どもが見るかもしれないよね」

思わず、私はそう聞いてしましました。

「深夜に子どもが見ることがあったら、見せる親が悪いのであり、放送が悪いのではない。子どもの教育ができない親のために大人の権利が侵害されるべきではない」

こともなげにそう言ってました。

この言葉には深く感じ入りました。この覚悟が私らはできていない。私も十分にはできていない。

このエピソードを知って、「ほら、見ろ、表現規制派の糞野郎ども」とただ他者の攻撃に使う人たちはまだ理解できていない。顔を伏せ、匿名でSNSをやっているような人たちはとくにこれを利用しないように。これは私ら全員に向けられた問いです。「国家のせい、社会のせい、他人のせいにせず、責任をとる覚悟ができているのか」と。

 

next_vivanon

(残り 1069文字/全文: 3163文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

前の記事«
次の記事»
ぐろぐろ (ちくま文庫)


クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論
ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件—反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
エロ街道をゆく—横丁の性科学 (ちくま文庫)

ページの先頭へ