タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

売防法が生み出した用法—「本番」がセックスの意味になった経緯 2-[ビバノン循環湯 189] (松沢呉一) -3,176文字-

2017年01月11日19時00分 カテゴリ:ことば風俗産業ソープランドビバノン循環湯売防法性風俗史赤線


 

赤線廃止以降の生き残り戦略

 

vivanon_sentenceアサヒ芸能」(東西芸能出版社)の昭和三三年六月八日号の特集は「性をもてあます夜—出張サラリーマンの冒険新地図」。売防法によって赤線地帯がどうなって、客がどこに流れたのがを追った記事だ。

以下は名古屋の中村(赤線時代は「名楽園」)の状況。

八十一軒のうち、純粋旅館に転業したのが四十軒、トルコ風呂兼旅館六、バー兼旅館六、飲食業兼旅館六、トルコ風呂二、その他アパート、小間物屋となっている。

トルコ風呂兼旅館の内実がよくわからないが、戦前の待合のように、単に宿泊施設に蒸し風呂としてのトルコ風呂があるだけでなく、ミス・トルコがいるトルコ風呂で宿泊もできるトルコ風呂があったらしきことが他の雑誌にも出ている。今から行ってみたくなる。

中村は名古屋駅から近いため、旅館が成立する余地があって、今も遊廓時代の建物をそのまま使って旅館をやっている業者がある。今は単なる旅館だが、当時、こういった旅館の中には、客引きと組んだ売春宿が出現するようにもなっていたので、建前は健全サービス、本音は売春宿というスタイルがあってもおかしくないのだが、それを匂わせながらも、「東京温泉」同様の健全サービスで旅館客を集めていただけかもしれず、売春までしていたのかどうかは不明。

これ以降、さらにトルコ風呂に転じたり、外部から業者が入ってきて、中村はトルコ街に発展していく。

 

「保健売春」の実情

 

vivanon_sentenceやはり売防法の全面施行の直後に出た「週刊大衆」(双葉社)の昭和三三年六月九日号の特集「さまよう“買春”人口」には、こんな記述も。

 

売春取締対策本部がつかんだデータによると、三つの種類に大別される。“紹介売春”(施設結婚紹介所など)がその筆頭で、次が“飲食売春”(キャバレー、バーなど)“保健売春”(トルコ風呂、温泉マーク、あんまなど)の順になっている。

 

保健売春」は、保健所管轄の業態での売春という意味だろうが、この時点では、トルコ風呂で売春まで行われていたことは間違いなさそうだ。

しかしながら、なお大っぴらになされていたのではなく、警察の監視も厳しかったため、店も個室内に目を光らせていて、女たちは客と約束をとりつけて、店の外で商売をすることが多かったようである。

ここまでの経緯を見ていただけるとわかるように、トルコ風呂でエロサービスが行われるようになったのは、店が主導したのでなく、まずは女たちの意思であった。女たちを被害者として救済する思想に基づいて制定された売春防止法が制定されたことによって、女たちが自主的に売春を始めたのは皮肉である。

しかし、徐々にこれが店のサービスに組み込まれていく。

女の百科」(新樹書房)昭和三五年八月号に「のぞかれた東京の下半身」という特集が掲載されていて、この中に渋谷のトルコ風呂に潜入した記事が出ている。このトルコ風呂は【お色気サービスで有名】ということで記者が客として入る。この記者自身は体験していないのだが、ミストルコの口からそのようなサービスをしていることを聞き出す。 【チップをはずむと一緒にフロに入ってマッサージ台でロカビリー】と彼女はあくまで他人ごととしてこのようなサービスが行われていることを語っている。

トルコ風呂で半ば公然とセックスが行われるようになったのは、昭和三五年頃とも言われており、まさにその年である。

そのようなサービスがある店の中でも、サービスをするミストルコもいれば、やらないミストルコもいたのだろうし、客を選んでいたということもあるのだろう。

※「週刊大衆」の表紙はたぶん本文とは違う号。「女の百科」も同様。後者の書影は古本屋さんから借りました。

 

野郎部隊売春地帯を行く!!

 

vivanon_sentenceよるの100科」(小出書房)昭和三七年三月号(創刊号)に掲載された西野弘二「スペシャル最前線の体当たりサービス」と題された記事は、東京、名古屋、大阪、神戸のトルコ事情を取材した内容で、これによると、どうやら関西の方がサービスが露骨だったらしい。

同誌の同年七月号も、エスカレートするトルコのサービスを取り上げた「トルコ風呂のサービスはどこまで?」を掲載していて、金を出せば無条件に本番ができたわけでもなく、常連に対してはサービスを激化させていたようだ。

日本週報」(日本週報社)昭和三七年八月一四日号掲載の特集「“野郎部隊”売春地帯を行く!!」にはこの辺の事情が詳しく出ている。

 

一口にトルコといっても大別して三つに分けられる。/一つは全く健康的な実質的なもの。いま一つは健康的に多少のぜいたくを加えたもの。そして最後の一つが問題とされているトルコ風呂だ。

 

最初のトルコは単なる蒸し風呂で、料金は百円程度。もう百円出すと、男のマッサージ師がマッサージしてくれる。

 

next_vivanon

(残り 1263文字/全文: 3268文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

前の記事«
次の記事»
ぐろぐろ (ちくま文庫)


クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論
ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件—反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
エロ街道をゆく—横丁の性科学 (ちくま文庫)

ページの先頭へ