タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

長屋の喧嘩と言葉—女言葉の一世紀 17-(松沢呉一) -3,330文字-

2017年03月20日18時13分 カテゴリ:ことば女言葉女言葉の一世紀


うちの宿六

 

vivanon_sentence前回、山村愛花著『女百面相 当世気質』掲載「貧民窟の女」から長屋の内儀さんたちの会話を抜き出しましたが、あの中に「宿六」という言葉が出てきます。

聞き慣れている言葉ではあっても、今現在、この言葉を使う人はあまりいないでしょう。しかし、戦前の長屋ではそれなりには使われていたようです。

あの文章では、自分の、あるいは他者の夫をそう呼んでいます。これは「うちのろくでなし」という意味でありますから、自分の夫を第三者に対してこう表現するのはいいとして、人の夫を「お宅の宿六」と呼ぶのはよっぽど仲のいい関係でありましょう。夫本人に妻が言う時は夫婦喧嘩の時。

以下は、もう六著『宿六と山の神』(大正八年)より。

 

「おい、最(も)うないかい、」と、さっきから言ひ兼ねていたことを、やうやく言ひ悪(に)くさうに切り出した、ないかとは、無論酒のことである。

「何がよ、お前さんは又今日懶(なま)けるつもりだね、大抵におしよ。黙って居りゃ好い気になって、罰が当るよ罰が、誰が三日も四日も続けて休むものがある。サッサと朝飯を食べて出ておいで、」

「余計なことを吐(ぬか)すなってことよ。小使がありゃ五合ばかり買って来い。今日だけ、最う一日呑まなきゃ仕事に出られねへ。」

「巫山戯(ふざけ)ちゃ不可(いけ)ないよ。どうして出られないンだよ。続けて三日も休みゃ沢山ぢゃないか、早く行かないと抓(つま)み出すよ、」

痩せても枯れても二十一貫七百匁の大女だけあって、言ふことはなかなか大きい。

「何をいって居やァがるンでぇ、生意気なことを吐かすな。亭主に向って抓み出すの突き出すのと、手前こそ罰が当るぞ、一体汝(うぬ)は、誰のお蔭で命を継(つな)いでると思って居るンだ。酒は呑ンでも呑まんでも、働く時は篦棒奴働くンだ。御亭主の命令に反くと、憚りながら承知しねへぞ、畏まって買って来やがれ、」

「へ、御亭主面があるかね、懶け者の宿六奴(め)、お前さん一人の働きで、家の生計(くらし)が附くと思って居るのか、私が斯うして、年中閑なしに内職するから、稀(たま)に生臭い物が食べられるやうなものの。他所(よそ)のお神さんのやうに、フラフラ近所隣を饒舌(しゃべり)歩いてばっかり居た日にゃ、梅干一ツ食べられないよ。」

※適宜行替えを入れてます。

 

「おれ」とまでは言ってませんが、これもまた女であることを感じさせない言葉遣いです。

 

長屋での呼称

 

vivanon_sentence著者の「もう六」は、「三宅もう六」「三宅猛六」という名前も使用しており、著書が何冊か国会図書館で公開されていて、ユーモア小説家のようです。国会図書館で検索すると、「ユーモア小説」という言葉は昭和に入ってからのものしかひっかからず、大正時代にユーモア小説という言葉があったかどうかわからないですけど。諧謔小説かな。

宿六と山の神』はある意味画期的な小説でありまして、最初から最後まで罵倒が続きます。

巨漢の女おさつと、醜い上に馬鹿で怠け者の勘兵衛が結婚して二十数年、三日と開けずに夫婦喧嘩をやってきたが、ついには三軒長屋の端と端で別居生活に。それでも夫婦喧嘩はとまらず、大家や間に住む住民ともそれぞれが喧嘩を始め…という「夫婦喧嘩小説」。

ただの夫婦喧嘩の話で一冊にするのはたいしたものとも言えて、ページの大半は多彩な罵倒表現で埋まってます。隣人や大家を巻き込んでの罵倒がふんだんに出てくるので、男から女の罵倒、女から男への罵倒、男から男への罵倒、女から女への罵倒、夫婦間の罵倒とそれ以外の罵倒のそれぞれの言葉遣いがわかって最後まで読んでしまったのですが、ストーリーはひどい。

喧嘩の勢いで、たまたま空いていた部屋におさつは引っ越し、別居生活が始まり、三軒の真ん中にいた夫婦は今まで仲良くやってきたのに、別居をきっかけにして板挟みになって、こちらとも喧嘩が始まって、やがて長屋を出ていきます。そのあと入ってきた子どものいる若い夫婦もまた引越の初日から揉めに揉め、連日の喧嘩で一ヶ月で出ていきます。

さらに母娘が入ってきて、これからまた一波乱がありそうなことをほのめかして、唐突に終了します。結局、主人公夫婦は別居したまま関係が修復される気配もないまま。なんだ、これ。

私は「どうせ最後は互いに互いがいないとやっていけないことがわかってよりを戻し、迷惑をかけられまくった人々は呆れ返りつつもホッとする」というオチだろうと想像し、「だったら、二人の取っ組み合いの様子を面白がって人が集まり、大道芸として人気を集め、二人は金を貯め込んで長屋から出ていき、仲睦まじく庭付きの家に住み始めたら本気で喧嘩ができなくなって人気が凋落、結局長屋に戻ってきましたとさ」とか「勘兵衛が“いっそ俺を殺せ”というので、おさつが顔面騎乗して、勘兵衛は窒息死する、涙なくしては読めないエンディング」とか。飛躍的な展開を期待したのですが、どれでもありませんでした。

※妻は80キロほどあるので、いざ取っ組み合いになると、妻の圧勝という図。この絵も著者によるもののよう。

 

夫と妻を意味する言葉さまざま

 

vivanon_sentenceタイトルにも使われている「宿六」という言葉は、本文にはそんなには出てきません。片手で収まる程度です。

夫、妻をどのような言葉で表現しているのかをチェックしながら読んでいたのですが、喧嘩になっていない時に妻が夫に呼びかける時は「お前さん」か「良人(あんた)」。喧嘩になると「手前(てめえ)」。

夫が妻に呼びかける時は喧嘩の時も平常時も「汝(うぬ)」。喧嘩の時はこれに「手前」や「貴様」も加わりますが、「貴様」は稀。

うぬ」は江戸を舞台にした時代劇では出てきそうですし、方言として今なお使う地域もありますが、東京でも、少なくとも大正時代まではなお使われていたんですね。

 

next_vivanon

(残り 989文字/全文: 3386文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

前の記事«
次の記事»
ぐろぐろ (ちくま文庫)


クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論
ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件—反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
エロ街道をゆく—横丁の性科学 (ちくま文庫)

ページの先頭へ