ヴォルティススタジアム

【徳島vs金沢】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「チャンスの数に比べてゴール数がとても少なく、このような結果になってしまった」

■2017明治安田生命J2リーグ第14節
5月17日(水)徳島 1-1 金沢(19:00KICK OFF/鳴門大塚)
———–

○リカルドロドリゲス監督
前節の岐阜戦とまったく同じで、チャンスの数は多く作れたし、試合も支配して良い内容でした。ただし、チャンスの数に比べてゴール数がとても少なかったため、このような結果になってしまいました。今節は18本、前節は19本のシュートを打ったのに、2試合で2点しか決めていません。最後のゴールを決めるという部分が欠けていて、ここを改善できないとこれからのリーグ戦は難しくなります。ですから、日々のトレーニングでその改善に努めたいです。

(残り 323文字/全文: 610文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ