ヴォルティススタジアム

【練習場から】デビュー戦を振り返って「とにかくいつも通りやろうと思いました」


2016シーズンに大卒で加入し、先日のツエーゲン金沢戦でリーグ戦デビューとなった井筒陸也選手。2016シーズンに天皇杯で公式戦に出場していたものの、Jリーグデビューと特別な日となった井筒選手に改めてデビュー戦を振り返ってもらいました。

Q:ナイトゲームがデビュー戦となりましたが、試合に向けてのアプローチで心がけたことなどありますか?
「とにかくいつも通りやろうと思いました。なにより監督が使ってくれたということが自信になりましたし、いつも以上のことをしなくてもチームに貢献出来るのではと思えました。ただ、いつも通りするということが難しいのでそこは色々自分なりに考えて臨みました」

(残り 615文字/全文: 903文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ