ヴォルティススタジアム

【直前レポート】勝者のメンタリティ。その正体は何なのか。


前節・福岡戦(1○0)、激闘の末に勝利。主導権を握る戦いではあったが、結果に関してはどちらに転ぶかまったく分からなかった。しっかりと準備してきた戦略ははまっていたが、最後の勝敗を分けたところは「気持ちですね」(馬渡和彰)。具体的な理由を挙げる選手も多数いたが、福岡戦に関しては馬渡の一言が確信をついているような試合だったのではないだろうか。

また、福岡戦当日は本当に暑かった。まとわりつくような湿気、肌を刺すような日差し。気温32度、湿度67%。徳島と比べると異質の暑さだった。そんな中で最後まで走り切った姿には感動させられた。また、予想以上の反響で話題になっているリカルド・ロドリゲス監督のベンチコート姿も引き続き驚かされたが、福岡でも話題になっていた(笑)。記者席へ向かうエレベーター内で福岡の関係者らしき方々が、「あれ、なんでなの?」。記者は心の中で「げん担ぎらしいよ」とつぶやいたが、エレベーター内では「ポカリスエットの宣伝らしいよ!」と盛り上がっていたので特に口を挟むでもなくスッと身を引いた。その盛り上がりに、リカルド監督も気付いている。


というのも・・・

(残り 1857文字/全文: 2339文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ