ヴォルティススタジアム

【直前レポート】今後を占う長崎戦。振り返れば、13年も長崎戦が鍵だった。


前節・松本戦(1●3)、先制したが逆転負け。「40分までは良かった」(リカルドロドリゲス監督)と同点弾を許すまでは手応えがあっただけに悔やまれる結果。今節・長崎戦に向けて、「(スタンスは)いつも通りですが、100%の力で戦うこと。松本戦で犯したミスを繰り返さないこと。順位表を見ても大切な一戦。野心を持ち、勝者のメンタリティーを持って戦っていけるようにしたい」(リカルド監督)と話す。振り返ると徳島がJ1初昇格を果たした13年も、第42節・長崎戦(1○0)の勝利がその後の運命を大きく左右した。

(残り 908文字/全文: 1155文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ