タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイZ

  • .
  • .
  • .

コメント◆東慶悟、渡邉千真、河野広貴「まとまりもなくなってきている」(東)「自分たちからアクションをつないでいけない」(渡邉)「バラバラに行ってしまった」(河野)(2014/11/22)

○東慶悟の談話

試合に出ないとからだも試合に慣れていかない。
練習試合もあまりないので、このチームは。きょうはほんとうに久しぶり、何カ月ぶりかな(※10月22日の第29節で1分間だけ出場しているが、長時間の出場は8月9日の第19節対セレッソ大阪戦にまで遡る)、けがをしてアウエーのセレッソから三カ月ぶりくらいですかね、やっと30分くらい(※19分+アディショナルタイム4~5分)ピッチに立つことができて、試合は厳しい展開だったので、なかなか難しかったですけれども、試合に出ないと感覚は、個人としてはだめなので。また練習から取り組んで、次の試合に向けて準備をしたいと思います。

(コーナーキックを蹴っていたが?)
そうですね、コウちゃん(太田宏介)がちょっと疲れていたので、蹴ってくれと言われて。ゴールにはつながらなかったですけれども、じょじょにやっていければいいと思います。

チームとしてはいま厳しい状況だし、内容も、ご覧になってわかるとおり、まとまりもなくなってきている。そういう状況なので、しっかりまた整えて、あと二試合なんですけれども、いいかたちで終われるようにしたいと思います。

(監督からの指示は?)
特にはありませんでしたけれども、ぼくが準備をしているときにフリーキックで2点めを決められてしまったので、勝つためには攻撃しないといけないし、なかなか難しかった。
チームとしては、もっとこう、自分たちのボールを大事にしないといけないなというふうな印象を受けました。やっぱり相手の時間がすごく多かったという印象です。
獲ったらしっかりつなぐ意識と、あとサポートの意識、一歩、二歩(動いて)、顔を出す、それだけでもパスはつながっていくと思うので、シンプルにやるところと、しっかりつなぐところを分けていかないと、勝っていくにはなかなか難しいのかなと、きょうベンチで観ていて思いましたし、試合をやっても、そう思いました。

○渡邉千真の談話

(途中で出たときのポジションなどの指示は?)
(河野)広貴が出たあとに入っただけで、エドゥーの近くで、という感じでしたけれども、なかなかいいかたちでボールが来なかったし、難しかったです。

続きを読む

最新記事RSS

記事一覧へ

ページの先頭へ