後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

【有料記事/J1第4節第4報】太田宏介と橋本拳人の名誉挽回(2017/03/20)

すべての選手がいいプレーをしていた多摩川クラシコ。ここで評価を上げたのは大久保嘉人だけでない。太田宏介と橋本拳人もそうだった。

太田は第1節から第3節まで、下がったライン、自らが上がっていく余地のないポジションバランス、ターゲット不足もありフィニッシュに関わることができなかったが、川崎フロンターレを相手に精度の高いクロスでピーター ウタカのゴールをアシスト、攻撃面で寄与できていないという序盤戦の低評価を覆した。
橋本はルヴァンカップで1ゴール、この日も決定機に絡み、攻撃面ではさすがというところを見せていたが、川崎との激しい中盤でのボール争奪戦を制し、ゴール前でも失点を防いだ守備面での貢献により、ガンバ大阪との試合で決めてしまったオウンゴールの贖罪意識を払拭することができた。
ふたりの好パフォーマンスもあっての貴重な勝利には、ボタンの掛け違いで服を着るのに苦労していたところ、ようやくあるべき状態に戻ったような、しっくりした感じがある。メンバー選考を含めた戦い方の修正で、今シーズンの基礎が出来上がりつつあるのかもしれない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今シーズンは前線に高さのある選手が不足している。低いクロスで得点するという攻撃の回路を開かなければならなかったが、ようやく太田はその回路を通した。
「前半はなかなかそういうかたちがなかったですけど、ぼくは常に狙っています。前でボールをもらったらまず中の動きを見る。きょうは(ピーター)ウタカがスポットに入ってくれたので。クロスを上げるときは中に選手がいないと成立しないから、そういう意味ではあのウタカのポジショニングの巧さと、しっかり決めきる決定力に感謝したいです」

中にピーター ウタカが入ってくることで「クロスを決める」というかたちができたわけだ。しかし振り返ってみれば、これまではそもそもクロスを入れる状態に持っていく頻度が少ないこと自体が問題だった。その点、多摩川クラシコでは、

(残り 1742文字/全文: 2554文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ