【有料記事】自発的に文章を書こうという人たちは“自分語り”が大好き(「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!」第21回)2596文字

posted on 2012/10/11/ 07:18:16

プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! /週1回/680円

最近、指摘されたのですが、どうも有料記事における無料部分と有料部分の割合が悪いようです。無料部分が長過ぎて、有料部分が非常に短いとのことです。

私としては、有料メルマガは「これから」のメディアだと思っているので、可能な限り、面白い有料メルマガの宣伝をしたいと強く思っています。その一方で、有料メルマガの購読をするためのお金を稼ぎたい気持ちもあり、有料Webマガジンをスタートすることにしました。その結果として、有料メルマガのレビュー部分は無料とし、それ以外の部分は有料という形式を採用しているのですが・・・。

またも“前置き”が長くなりそうなので、結論を記します。今後は“前置き”を簡素にし、“あとがき”の部分を可能な限り厚くすることにします。

さて、今回紹介する有料メルマガは、“時事芸人”として活躍するプチ鹿島氏が発行する「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!! 」です。主な内容は書評となっています。有料メルマガで書評、といえば「ゲンロンサマリーズ」が知られていますが、決定的に異なる点があります。それは、時事ネタに絡めて面白おかしくまとめているという点です。プチ鹿島が単独でネタを披露している映像やライブを見たことがないので断言はできませんが、これが“時事芸人”ということなのでしょう。書評のタイトルを具体的に示してみます。

第19回(正しくは第20回) 2012年10月1日号
話題の書「AKB白熱論争」で証明された!?「前田敦子=マリー・アントワネット説」。

第11回 2012年7月30日号
「有名人になるということ」を読んで驚く。勝間和代=ガッポリ建設説。

第10回 2012年7月23日号
日本のデモはどう変わったのか。「金曜の夜、官邸前で」(朝日新聞)と「マイ・バック・ページ」(川本三郎)を比較読み。もう「ユニークな時代」は終わった。

第8回 2012年7月9日号
「職業としてのAV女優」(中村敦彦)を読む。これだけ女優の意識と質が変わった!「北の国から~’95秘密~」の宮沢りえとは何だったのか。

第7回 2012年7月2日号
「菊地直子はミャンマーにいる!」とはなんだったのか。今あらためて読む、「王国への追跡 地下鉄サリン事件から15年 オウム特別手配犯の潜伏先」(吾妻博勝)

書評に取り上げられるのは、話題の新刊ばかりではありません。例えば『マイ・バック・ページ』は1988年に発行された書籍となっています。また、2010年に発行された『王国への追跡 地下鉄サリン事件から15年 オウム特別手配犯の潜伏先』のように、“微妙に古い”書籍などが取り上げられることもあります。“微妙に古い”書籍は、その内容を紹介するだけでも、じゅうぶんに面白いことがあるので、キラーコンテンツと言えるでしょう。

しかし、プチ鹿島氏は最新の第21回で、「以前スルーしていた勝間和代本をメルマガ用に読んでみたらおもしろかったので(しまいには本人にも会える展開)、やはり『ベストセラー=ベタ』もやらなくてはと思ったのです」と記しています。実際、第21回では『聞く力』(阿川佐和子)が取り上げられています。ちなみに、コラムのタイトルは以下の通りです。

「聞く力」(阿川佐和子)を読む。
著者の「わたし可愛いでしょ力」を聞く力も必要な本だった。

プチ鹿島氏の書評を要約すると、対談相手とのエピソードが具体的に、そして数多く示されていて面白い。ただし、行間からは阿川氏の「わたし可愛いでしょ」というメッセージが伝わってくる、となります。

この指摘は非常に重要です。私も編集者として数多くのライターから原稿を受け取ってきましたが、自発的に文章を書こうという人たち、つまり、ライターという職業に就く人たちは、基本的に“自分語り”が大好きなのです。それは書評家であっても同じです。実際、書籍の行間を読むプチ鹿島氏の有料メルマガからも“こういう読み方をする私って面白いでしょ”というメッセージが伝わってきます。

◆『歴史とは何か』(E.H.カー)から学んだこと

ここからは「プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!」のレビューから離れた「あとがき」になります。

(残り 852文字/全文: 2574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内


著者プロフィール
渡辺文重

1973年生まれ。福岡県北九州市出身。フリーランス編集者/ライター。有限会社ブンヤ取締役。パソコン雑誌のライターを経て、2003年に有限会社ブンヤ設立。携帯サイトの企画、運営、編集、執筆などを行う。主な分野は、サッカー、ゲーム、アニメなど。メールボックスに届く有料メルマガは、1週間で約100通。ちなみに、アニメの視聴時間は1週間平均1500分となっている。

ツイッターID:@sammy_sammy

著者による内容紹介

有料メルマガを1カ月3~4万円分購読して、その中から「注目!」に値する有料メルマガをピックアップしていきます。特に面白かった有料メルマガは、1週間に1本のペースを目標にレビューしていきます。また、日記も掲載しています。こちらは、アニメに関する記述が多めとなっています。

津田大介メディアの現場×渡辺文重の有料メルマガ批評 セット割引スタート!!
月別アーカイブ