「アニソン総括」とは、どのようなイベントなのかを説明する

posted on 2015/07/19/ 05:00:56

ごきげんよう。有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味はアニメ鑑賞です。

さて、私は3カ月に一度開催される、田口和裕氏主催のイベント「アニソン総括」に参加しているのですが、諸事情あって、「こういうイベントだよ!」と説明する機会が何度かあり、そのたびに説明するも面倒なので、今回、記事として掲載することにしました。なお、次回の「アニソン総括」は、2015年春アニメ(4月期アニメ)をテーマに、7月30日(木)20時から、新宿にあるバー「浮かぶ」で開催されます。

【参考】rickdom
http://tagkaz.hatenablog.com/
【参考】浮かぶ
https://www.facebook.com/ukabu

◆自分のベスト10を発表するだけ

参加者の人数により、発表の方法は微調整されるのですが、基本的に「自分が考えたアニソンのベスト10を発表するだけ」となっています。例えば、前回の「アニソン総括」は2015年冬アニメ(1月期アニメ)がテーマだったのですが、私のベスト10は次の通りだと発表しました。

10位:人にやさしく/THE ROLLING GIRLS
『ローリング☆ガールズ』OP主題歌

9位:君色シグナル/春奈るな
『冴えない彼女の育てかた』OP主題歌

8位:終末のラブソング/水樹奈々
『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』第2期ED主題歌

7位:みりたりずむ! ~M870Ver.~/ルトガニコフ中尉(東山奈央)
『みりたり!』主題歌

6位:幸せについて私が知っている5つの方法/坂本真綾
『幸腹グラフィティ』OP主題歌

5位:-LEGNE-仇なす剣 光の旋律/Rosenburg Engel(内田真礼)
『アイマス シンデレラガールズ』第8話ED

4位:絶対無敵☆Fallin’LOVE☆/地球防衛部(山本和臣・梅原裕一郎・西山宏太朗・白井悠介・増田俊樹)
『美男高校地球防衛部LOVE!』OP主題歌

3位:極限Dreamer/SCREEN mode
『夜ノヤッターマン』OP主題歌

2位:Absolute Soul/鈴木このみ
『アブソリュート・デュオ』OP主題歌

1位:ミルキィ A GO GO/ミルキィホームズ
『探偵歌劇ミルキィホームズTD』OP主題歌

【参考】2015年冬アニソン総括。有料メルマガ評論家による10選
http://www.targma.jp/watanabe/?p=5878
http://ch.nicovideo.jp/sammy-sammy/blomaga/ar785328

一応、このような順位になった理由、あるいは、この楽曲の魅力は何なのかを説明することになります。ただし、「アニソン総括」は普段、「浮かぶ」で開催されるのですが、「浮かぶ」のキャパシティーが10名ぐらいなので、マイクを持って説明する、ということはありません。また、基本的に、関係者(投票者)しか参加しないため、実際にところ、イベントというよりも居酒屋トークの延長線上という認識の方が正確なのかもしれません。

ベスト10の投票者は5人程度。会場に来られない投票者は、ランキングと補足の説明を田口氏に送る、という形になります。なお、参加者が全員ランキングを発表した後、総合のベスト10を発表してイベントは終了となります。

◆ノーマークだった楽曲に出会えるチャンス

自分の好きなアニソンを解説できることこそが、このイベントにおける最大の魅力なのですが、ほかの参加者から忌憚(きたん)のない意見を聞けることも、楽しみとなっています。また、自分とは異なる基準で選出されたベスト10を知ることは、刺激的な機会だと思っています。「あぁ、そういう評価の仕方があるのか!」と、毎回、新しい発見があります。

例えば、アニソンを「楽曲のクオリティーだけで評価する」という考え方は、私にとって新発見でした。私にとってアニソンは「作品を思い出す装置」だったので、アニメ作品自体の評価や関連性こそが重要だと考えていました。ぶっちゃけ、どんなにクオリティーが高い楽曲であっても、アニメと関係なければ、それは「アニソン」としては評価できないと思っていたため、「楽曲のクオリティーだけで評価する」という考え方は刺激的でした。そして、今でも、「アニソン」の「アニ」と「ソン」のバランスは、非常に重要なテーマだと考えています。そのほかにも、アニメと楽曲、両方のクオリティーに関係なく、歌手が好きとか、声がユニークとか、さまざまな基準に触れられることは、貴重な経験だと思っています。

なお、2015年春アニメで、私がノーマークだったにもかかわらず、ほかの人が高評価を与えていて、あらためて聴いてみると良い曲だと感じた楽曲の1つが『アップルティーの味』です。

TVアニメ「 アブソリュート・デュオ 」EDテーマ「 Believe×Believe / アップルティーの味 / 2/2 」
TVアニメ「 アブソリュート・デュオ 」EDテーマ「 Believe×Believe / アップルティーの味 / 2/2 」

以上、イベント「アニソン総括」の概要説明でした。

お知らせ
『渡辺文重の有料メルマガ批評』は現在、「タグマ!」「ブロマガ」にて購読できます。
http://www.targma.jp/watanabe/
http://ch.nicovideo.jp/sammy-sammy/blomaga

「タグマ!」の利点は、会員登録すれば、過去のバックナンバーが読み放題となること。「ブロマガ」の利点は、最初の2カ月間は1カ月分の料金のみで購読できる(いわゆる「初月無料」)ことです。

更新するたびに「更新メルマガ」を配信しています。こちらへの登録は無料です。
http://www.targma.jp/watanabe/mailmagazine/

有限会社ブンヤのfacebookページでも更新情報を掲載しています。「いいね」を押してくださると、モチベーションが上がります。
https://www.facebook.com/bun.ya.net

LINEでの更新情報配信を予定しています。

友だち追加数


著者プロフィール
渡辺文重

1973年生まれ。福岡県北九州市出身。フリーランス編集者/ライター。有限会社ブンヤ取締役。パソコン雑誌のライターを経て、2003年に有限会社ブンヤ設立。携帯サイトの企画、運営、編集、執筆などを行う。主な分野は、サッカー、ゲーム、アニメなど。メールボックスに届く有料メルマガは、1週間で約100通。ちなみに、アニメの視聴時間は1週間平均1500分となっている。

ツイッターID:@sammy_sammy

著者による内容紹介

有料メルマガを1カ月3~4万円分購読して、その中から「注目!」に値する有料メルマガをピックアップしていきます。特に面白かった有料メルマガは、1週間に1本のペースを目標にレビューしていきます。また、日記も掲載しています。こちらは、アニメに関する記述が多めとなっています。

津田大介メディアの現場×渡辺文重の有料メルマガ批評 セット割引スタート!!
月別アーカイブ