「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「暑さは問題ない。鉄板焼きや焼き肉をよく食べている」(マルティノス)・「大胆かつ慎重に、責任を持って」(前田) [大宮戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「選手にも話したが改善すべきところはたくさんある。まず試合のスタートから感情をコントロールし、落ち着いてプレーしなければいけない。フロンターレ戦ではそれができず、相手に自信を与えてしまった。2つ目に、自分たちのボール回しを前方向にしなければいけない。3人のMFがもっと良いポジションを取って、2人のCBはもっと良いパスを出さなければいけない。3つ目に、もっとコンビネーションのタイミングをシンクロさせないといけない。そうしなければ相手の裏を突くことはできない。4つ目は守備の1対1でもっと激しく戦うこと。この4つが重要なポイントになる。

 フロンターレ戦ではビルドアップのところでいいプレーができなかった。自分たちが目指しているものに対して、良いパフォーマンスを出せなかった。だから何人かメンバーチェンジしながら良いバランスを探していく。自分たちにとって良い守備は大事。でも同時に奪ったボールを正確にビルドアップしていくことも重要だ。それとメンバーチェンジには二つ理由があって、1つはけが人が戻ってくる。それは自然なこと。2つ目は別のクオリティを持った選手がチームにプラスαをもたらすという狙いでの起用がある。

 大宮はいいチームだ。しっかりボールをつないでポゼッションし、そこからのコンビネーションや連動性を使って攻めてくる。ただ、Jのトップクラスのチームには代表選手がいて、彼らがプラスαをもたらしている。でも昇格してきたばかりの大宮にも家長のようにいい選手がいるし、例えば磐田には日本代表に選ばれた小林のような選手もいる。彼らは違いを生み出せる選手たち。

 選手たちにも話したが、2ndステージに向けて、チームとしてのパフォーマンスもそうだが、同時に個人のパフォーマンスもしっかり見て行こうと思っている。いまは全選手が同じ線の上に立っている。あとはパフォーマンスだけが評価の対象になる。まだまだパフォーマンスが足りないので、そこを求めていきたい」

MF 11 齋藤 学

「フロンターレに負けてしまってメンバーが少し変わりそうな気配がある。マルちゃん(マルティノス)はいい選手。守備面に課題はあるけど、状況を打開するためにアクションを起こせる選手はあまり多くない。局面によってはサイドを入れ替えてプレーすることもできるし、いいコンビネーションで攻めたい。マリノスは1stステージのタイトルを狙えないけど年間順位で上位に行くためには、いま4位の大宮に勝たなければいけない」

 

 

下バナー

(残り 1004文字/全文: 2067文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ