「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「ロスタイムが長いことはある程度わかっていた」(伊藤)・「ロスタイム9分は気づいていなかった。すごく短く感じた」(天野)他 [川崎戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク・モンバエルツ 監督

「見ごたえのあるゲームだったと思う。最後のところはとても感動で心が揺さぶられる展開になった。川崎フロンターレのサポーターにとっては、より大きな感動の揺れがあったと思う。最後は私としても少し残念な思いが残っている。経験のある選手がいたので、あの失点を何とか防ぎたかった。前半と後半でゲームの展開が大きく変わった。前半は両チームともに守備に戻るというところがきっちりできていて、攻撃で崩し切るのがなかなか難しい展開だった。後半はより切り替えのところが一つのポイントになって、オープンな展開になった。しかし、今日は我々の選手たちを称えたいと思う。メンタルの強さ、最後まであきらめずに、同点に追いつこうとした姿勢、そこを称えたい」

――前半から後半の半ばまで、川崎Fのパスを奪い切れない展開が続いた。それに対してはどのような指示を与えていた?

「川崎Fのスタイルは分かっていた。ポゼッションをベースにしてゲームをコントロールしようとしてくる。我々のボールを奪う位置をもう少し高くしたかったが、それができなかった」

 

FW 16 伊藤 翔

「試合中から審判が、フロンターレのGKの様子がおかしいのでロスタイムをとる、ということをピッチの選手に話していた。だから出場している選手たちは、ロスタイムが長いことはある程度わかっていた。僕たちは優勝するために勝つしかなかった。最後のところで盛り返せたけど、あと1点のところが…。勝つどころか勝ち点1すら取れていない。その現実を受け止めなければいけない。残りリーグ戦4試合のほかにルヴァンカップと天皇杯がある。どこかでタイトルを獲れるようにやっていきたい」

 

MF 25 前田 直輝

「今日はサイドではなく真ん中の位置で出たけど、ボールの奪いどころと守備の位置をつかめずに終わってしまった。終盤はビハインドの展開だったので、守備のことよりも攻撃のことを考える感じだった。ボランチの(天野)純くんが良い動き出しをしてくれて、いい形でプレーできたことがゴールにつながった。2点取れて逆転できれば良かったけど、結果がすべてなので。雰囲気は良かったと思うけど、結果的にこぼれ球のところからやられてしまった」

 

 

下バナー

(残り 1204文字/全文: 2160文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ