「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「来年以降も選手としてサッカーを続けていくことを決めた」(小林)・「海外からのオファーもある」(マルティノス) 他 [天皇杯ガンバ戦前コメント]

 

 

DF 13 小林 祐三

「自分は試合になったらベストを尽くすだけ。ただ、自分一人でどうにかなる問題でもない。チームとしてしっかり戦わなければ勝つことはできない。その中で自分は自分ができるベストを尽くす。それしかできないので。最近、来年以降も選手としてサッカーを続けていくことを決めた。サッカー界以外やサッカー界だとしても選手以外のステージのほうが自分の良さが出るかもしれないと考えたこともあった。でもオフにいろいろな人にあって、その人たちを裏切れないと思った」

 

MF 11 齋藤 学

「ガンバとは今年5回目の対戦。ここまで1勝3分なのでウチに分がある。前回の試合から1ヵ月以上空いてしまって、緊張感を保って練習することが難しかった。最初の20分くらいは試合のリズムをつかめないかもしれない。その時間に先制されると苦しくなるけど、それは相手も同じこと。ヤットさん(遠藤保仁)と倉田のところで時間ができるので、そこをつぶさないといけない。ベストイレブンはチームメートのおかげ。今年1年間の成果だけど、自分としては通過点だと思っている」

 

DF 15 新井 一耀

「自分はCBとして長くやっていきたい。だからそのポジションでどれくらいできるか、今年の成果というか集大成を結果で出したい。シーズンの初めはプロのフィジカルとスピードに戸惑ったけど、少しずつ慣れてきた。(中澤)佑二さんが隣にいて、心強いし便りになる存在。佑二さんはDFといてフィジカルが強いだけでなく、読みの部分もすごい。シュートブロックの数が多いのはマグレではなく、経験値が高くて相手のプレーを見えているから。ガンバにはアデミウソン選手という素晴らしい選手がいる。ファーストプレーが大事になる」

 

 

下バナー

(残り 940文字/全文: 1696文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ