「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「宮崎ではヒョウくんと同じ部屋だった。やさしくて、懐に入りやすくて、後輩に壁を作らない人。試合になったら全力でぶつかり合いたい」(天野) [札幌戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(浦和戦について)ボール保持率で劣るのはある程度予想していた展開。前半は良い守備から連動性ある攻撃というゲームプラン通りの展開だった。後半はリードした展開で守りに入る姿勢が出てしまった。それでも逆転を許してからは再び前でボールを奪うという姿勢に変化した。最後の10分はお互いにチャンスがあった中で、我々のほうが少しだけフレッシュで、ゴール前での冷静さがあった。シーズンが勝利で始まるのは誰にとっても良いこと。相手が力のある浦和だったということも重要だ。でも、それは終わったことなので、次が大事になる。

 自分たちのプレースタイルは、ポゼッションしてゲームをコントロールすること。だが、まずは勝つことを優先して、試合の流れや相手のやり方に適応しなければならない。これから、いくつかの試合では浦和戦のような展開になるだろう。ポゼッションしてゲームをコントロールしたいが、力のある相手との試合では守備でゲームをコントロールし、奪ってからスピードある攻撃を仕掛けていく。この二つのやり方を使っていくことが大事になる。(開幕戦ゴールのダビド・バブンスキーについて)浦和戦は試合全体のポゼッション率で上回られたので、あのようなボールタッチ回数になるのはノーマルなこと。それでも彼がボールを持ったときは良い判断をしていた。そして守備でもしっかり走っていたと思う。ゲームによってボールタッチ回数は変わってくるが、大事なのはボールを持った場面で効果的なプレーをすること。彼に限らずトップ下でプレーする選手は、ラストパスの精度やフィニッシュが必要になってくる。

(札幌戦について)また違う展開のゲームとして準備しなければいけない。浦和戦では攻撃のときにスペースがあった。今後はスペースがない状況をこじ開けていく必要がある。いい攻撃をするためには中央とサイドを幅広く使わなければいけない。あとは(天野)純やバブンスキーはミドルシュートの力を持っているので、それも武器になるだろう。ウーゴ・ヴィエイラはもう少し長い時間プレーさせることも考えているが、まずは浦和戦のような使い方でやっていくことを考えている。

(監督は札幌と初対戦になるが)まだ開幕して1試合しか終わっていないが、仙台とのゲームを映像で確認した。その試合では守備を低い位置でオーガナイズして、ボールを奪わってからは素早く攻撃するチームに見えた。札幌は彼らの戦い方で我々を苦しめるだろう。我々も浦和戦とは違う適応能力を見せて攻撃したい。浦和と札幌は同じ3バックだが、プレーのやり方はまったく違う。浦和のほうがより前からプレッシャーをかけてくる。スピードの使い方というよりも、ドリブルやダイアゴナルの動き、それとオーバーラップが重要になってくる」

 

MF 10 齋藤 学

「去年の浦和戦は2引き分けだったけど相手に圧倒されて、力の差を見せつけられた。それが今年は結果だけでなく、内容的にもマリノスがしっかり戦えることを見せることができたと思う。その上で勝てたことが大きい。個人的にもいろいろ背負った中での開幕戦だったので、素直にうれしかった。内容は完璧ではないので、反省するところと修正するところを見極めて次に進みたい。この1勝で油断や慢心や勘違いしてはいけない。若いチームだからそれが心配だけど、いまのところそんな雰囲気はない。続けていくことが大事。

 札幌戦ではボールを持つ時間が長くなると思う。レッズ戦では自分やマルティノスがカウンターでチャンスを作れていた。今度はポゼッションした中でどれくらいできるかを試すいい機会になる。オープンな展開にするには僕らが1点、2点と取って相手を前に出させなければいけない。相手はJ2から昇格してきたチームだけど、過去にはレイソルやガンバのようにいきなり優勝した例もある。油断してはいけないし、簡単なゲームにはならない。ピッチとスタンドが近い三ツ沢でのゲームになるのでサポーターと一体感を出して戦いたい」

 

 

下バナー

(残り 1758文字/全文: 3430文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ