「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「ダビドは現代サッカーのトップ下に求められるプレーをしている」(モンバエルツ)・「自分としてはアシストにもこだわっている」(バブンスキー) [鹿島戦コメント]

 

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「ここまでは、少なくとも勝ち点6を取れている。いいスタートを切れたと思う。遅攻については悪くないが、もっと改善できる部分もある。特に左サイドは機能しているが、右サイドは改善が必要。札幌戦ではコンビネーションということではなく、個人のテクニックの場面でのミスと判断の遅さがあった。それからビルドアップも、もっと確実性を上げなければならない。2試合で6ゴール取れているが、そのうち1点がCKからで、ほかの5点は流れの中から生まれている。それも良いことだと思う。

(ダビド・バブンスキーについて)相手の間でボールを受けてラストパスを出すというチームのプレーを作っている。そして札幌戦では得点も決めて、チームがより有利な展開になった。ダビドは現代サッカーのトップ下に求められるプレーをしている。得点を決め、決定的なパスを出し、たくさん動いてチームメートのパスコースを作っている。

(富樫について)敬真は良い動き出しからチャンスを作り出している。それとチームとしてプレッシャーをかけるスタートとして、運動量豊富に動いてチームに貢献している。だが、これからはさらに予測の部分を向上させてほしい。少しリアクションの動きになってしまうときがあるので、もっと自分からアクションを起こして動けるようになればさらに怖い選手になる。

(ウーゴ・ヴィエイラについて)相手のゴール前30メートルで高い能力を持っている。相手が疲れてきた時間帯に彼を投入し、決定的な仕事ができる。しばらくはそういった使い方をしていきたい。コンディションがさらに上がってくればプレータイムも伸びていくだろう。彼はゴール前での存在感が素晴らしく、優れている点だ。

(鹿島について)Jリーグのトップクラブの一つ。昨シーズンも多くのことを勝ち取った。ただ今年の状態については、これからの結果を見て判断しなければならない。リーグ戦と同時にチャンピオンズリーグを戦う難しさもあるだろう。我々は2連勝でいいスタートを切れたが、大事なのはコンスタントに力を発揮すること。鹿島と戦っていい結果を出せれば、何か変わったと言えるかもしれないが、まだフロンターレやガンバやFC東京と対戦していない。それらのチームすべてと戦って結果を出せたときに、初めて差が縮まったと言えるかもしれない。

 

 

下バナー

(残り 3111文字/全文: 4107文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ