「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「1年間同じメンバーで戦うことは不可能。誰が出場してもチーム力を落とさないように準備しなければ」という言葉は正しい [Lカップ 1節 C大阪戦プレビュー]

 

今年も清々しいほどにリーグ戦とカップ戦のメンバーを分けていく。明日のルヴァンカップグループステージ第1節・セレッソ大阪戦に先発する11人は、直近の鹿島アントラーズ戦から総入れ替えされる。土曜日に行った関東学院大学との30分ハーフの練習試合に出場した面々が中心だ。

 ゴールマウスを守るのは今季加入した杉本大地が有力。始動直後の負傷でタイキャンプと宮崎キャンプのほとんどを棒に振ったが、横浜に戻ってから猛追を開始。恵まれた体躯と優れた身体能力に加え、足下の技術もしっかりしている。陽気で前向きな性格も、最後尾からチームを明るく照らすことだろう。

最終ラインにはコンサドーレ札幌戦後の負傷で鹿島戦のメンバーから外れた新井一耀が右SBに。CBは栗原勇蔵とパク・ジョンスがコンビを組み、左SBには高野遼が起用される。高野は、負傷の癒えていない下平匠と山中亮輔がいない間に存在感を示したいところ。持ち前の攻撃性能を発揮できれば、攻撃のオプションになりうる存在だ。

どのポジションで起用されても堅実なプレーを見せる新井に不安はない。それよりもチームの核となるCBコンビの出来に注目したい。栗原勇蔵は昨年10月のルヴァンカップ準決勝第1戦・ガンバ大阪戦で負傷交代して以来の公式戦となる。試合勘とゲーム体力の両方に少なからず不安を抱えるが、それでも中澤佑二に次ぐ経験を持つ男だ。「試合になれば周りを引っ張ってプレーしなければいけない部分もある」というリーダーシップにも期待がかかる。相棒のパクは宮崎キャンプ中に痛めた左ひじが万全の状態ではないが、プレー可能という判断で先発する見込みとなった。

 

 

下バナー

(残り 896文字/全文: 1598文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ