「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

中町は「ルヴァンカップはどうにかして上へ進みたい」と鬼気迫る表情で言った。彼らにはまだリベンジの機会が残されている [ルヴァンカップ1節 C大阪戦レビュー]

 

 

手元の集計での被決定機は、失点場面の2つのみである。いずれもセットプレーからGK杉本大地がほぼノーチャンスのピンチで、ゴール前のマーキングミスとCKを与えたシーンに問題があった。「今日のゲームから言えることは、相手に流れの中でチャンスはほとんど作らせなかったということ」というエリク・モンバエルツ監督の言葉は正しいと同時に、栗原勇蔵の言う「セットプレーも含めてサッカー」も事実だ。

リーグ戦メンバーに食い込むために、あるいは指揮官からの信頼を勝ち取るために結果が必要なゲームだった。チームとしても個人としても目に見える結果を出すことで、序列を上げたいと誰もが思っていたはず。結果的にそれができなかったわけだが、同時に内容面での拙さも目立った。たしかに流れの中でのピンチはなかった。失点もセットプレー絡みなので修正可能だろう。しかし、そもそもチャンスの数が少なかったのは大きな問題だ。

最大のチャンスは後半立ち上がりの47分。中町公祐が左サイドに開いた仲川輝人にパスを送り、仲川は追い越して行く左SB高野遼へのダイレクトパスを選択。スペースに抜け出した高野からのグラウンダークロスをニアサイドに走り込んだ富樫敬真が触り、後方から侵入した中島賢星が左足でフィニッシュする。しかし「力が入り過ぎた」と唇を噛んだシュートは枠の上を大きく越えていった。

淀みのない一連の崩しだったが、そのほかのチャンスは仲川のパスに前田直輝が抜け出した65分のシーンのみ。チャンス2つをしっかり決めていればスコアと展開は大きく違っただろうが、2回のチャンスで2点取れるほどサッカーは甘くない。セレッソ大阪の守備がエネルギッシュだったことを差し引いても、ボールを持っている時間に対してチャンスの数が少ない。ボールを持っている時間にチャンスが少ないのは、リーグ戦メンバーも同じことが当てはまる。

 

下バナー

(残り 495文字/全文: 1292文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ