「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「普段の試合に出ていないことを言い訳にせずやっていかないといけない」(栗原)他 [C大阪戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「今日の試合をまとめるのはシンプル。自分たちはたくさんボールを持てていたが、前半と後半にセットプレーのミスから失点してしまった。攻撃で多くのチャンスを作れなかったのは、セレッソが良い守備をしていたこともある。狭いスペースを攻略するところが足りなかった。その中でも何度か決定的なチャンスを作っていたので、そこは決め切らなかったといけなかった」

――昨年のこの大会も序盤は結果が出ず、徐々に盛り返していった。今年もそうするためには何が必要になる?

「今日のゲームから言えることは、相手に流れの中でチャンスはほとんど作らせなかったということ。大事なのは自分たちのポゼッションを崩すというところにつなげること。そこで個人のミスが起きて、うまくいかなかった。全体的に今日のゲームで悪かったということではない」

 

DF 4 栗原 勇蔵

「普段、試合に出ていないメンバーで戦って、連係よりもアピールやチャレンジの気持ちを持って臨んだ。多少できることはあったけど、まだまだ足りない。ミスを恐れず、いろいろなことをチャレンジできればよかったけど、結果的に堅いサッカーをするならもっと徹底しないといけなかった。そこが個人的にあまりできなかった。セットプレーの失点には自分もちょっと絡んでいて、セットプレーの大事さをあらためて感じた。流れの中ではあまりピンチがなかったけど、セットプレーから失点して、0-2は結果的に完敗になってしまう。セットプレーも含めてサッカーなので、普段の試合に出ていないことを言い訳にせずやっていかないといけない」

 

 

 

下バナー

(残り 847文字/全文: 1548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ