「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「新潟戦では格好悪くてもいいから最後まで体を張って、絶対にやられたくない。17チームの中でも一番負けたくない相手」(松原) [新潟戦前コメント]

 

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(ルヴァンカップ・セレッソ大阪戦について)ポゼッションはできたが、流れの中でチャンスを作れなかった。ピッチのラスト4分の3の部分が足りなかった。両サイドのトライアングルのところのコンビネーションを改善しなければいけない。その試合はマルティノスや(齋藤)学のように個人で突破する部分を出せていなかった。スペースがない中では個人の突破もキーワードになる。それとセットプレーから2失点しているので、そこでの守備を改善しなければいけない。ただ(栗原)勇蔵が90分できたのはポジティブなこと。(パク)ジョンスが戻ってきたのもうれしいことだ。

(齋藤について)スタートから出られるかはわからないが、試合のメンバーには入れる。トレーニングを一定期間抜けていたので、フィジカル面で90分プレーするのは難しいかもしれない。どのように試合に使うか。

(別メニューの喜田について)この試合のメンバーには入らない。けがが治っていない。こうした負傷や出場停止はよくあること。代わりに入る選手を信頼したい。選手それぞれに特徴がある。喜田はプレーの連続性がある選手だ。中町はボールをしっかりつなげて、空中戦が強く、そして得点も取れる。

(新潟戦について)どの試合も大事なことに変わりはない。常に勝ち点3を目指すのは当然のこと。鹿島はJリーグのトップにチームだった。そして新潟は鹿島とは異なる特徴を持っている。大事なのは相手が出してくる問題にどう対処していくか。対戦相手は彼らの強みを出してくるだろう。新潟はコンパクトな守備をしてくる。それに対して、我々の良さを出して攻略していきたい」

 

MF 8 中町 公祐

「セレッソ戦で左手の薬指を負傷してしまった。もしかしたら第一関節が折れているかもしれない。でもこの程度のけがでチャンスをみすみす逃すわけにはいかない。セレッソ戦ではヘディングの競り合いでピッチに叩きつけられる場面もあったけど、その流れがオレのプロ生活を物語っている。これまでも順風満帆ではなかったし、変な気負いはない。結果を出さなければいけない立場だけど、チームの勝利のために戦うことが重要。自分のプレーを優先して全体のバランスを崩すようでは意味がない。大事なのは勝つために何をするか」

 

 

下バナー

(残り 1075文字/全文: 2049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ