「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「下を向いていても何も落ちていない」(喜田)・「チームのために戦うことを考えていない選手も。キャプテンとして振る舞っていきたい」(齋藤) [C大阪戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「セレッソは流れの中よりもセットプレーからの得点に注意しなければいけないチームだった。しかし残念ながらセットプレーの流れで失点してリードを許し、難しい展開になってしまった。リードされたのでリスクを取らざるをえなかった。リスクを取っている中で速攻を許し、またミスからリードを広げられてしまった」

――話したリスクは後半途中からの3バック変更だと思うが、その狙いと効果は?

「まず相手が2トップだったので、2トップに対して3人で守れるだろうと考えた。前の人数、特に中央の人数を増やし、サイドは(齋藤)学と(前田)直輝を置いた。そして何度か突破して1~2回は大きなチャンスを作ったが、得点に結びつけることができなかった。相手は中央の守りに強さがあり、崩しきれなかった」

 

DF 34 ミロシュ デゲネク

「自分のコンディションはまったく問題なかった。今日は特に前半、相手にプレーさせてしまった。自分たちは最初からやるべきところでやれてなかった。後半はイーブンな内容のゲームだったと思う。ビハインドの展開で後ろを3枚にして、攻撃的な戦術にしたことも問題なかった。3バックにしてから相手の大きなチャンスは2回くらいしかなかった。自分たちが点を取りに行くために、背後にスペースが生まれるのは当然のこと。システム変更は問題ではなかった」

 

DF 13 金井 貢史

「全体の距離が遠かった。もっとボールをつなぎたかったけど、ミスも多かった。積極的なミスならいいけど、自分たちで滑って転んだりするのはなくさないといけない。そういうことを言っているレベルではいけない。ただ、失点は自分のマークの相手だった。ボールに対してのカバーリングのポジションを取ったので、ずっとついているのは難しかった。シュートに対してはもう少しニアのコースを消していたつもりだったけど、ブロックできなかったのは自分のミス」

 

 

下バナー

(残り 575文字/全文: 1398文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ