「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「セットプレーはマケドニア代表やクラブでも蹴る機会が多かった。チームが求めるものを正確なキックで実現させたい」(バブンスキー) [広島戦前コメント]

 

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(磐田戦について)ある程度は満足できる内容だった。でも全体的にさらにクオリティを上げていく必要がある。攻撃を組み立てていく部分はよかったが、次のスピードアップする場面でのクオリティを高める必要がある。ロングボールについては試合前に準備していたことを、選手が状況に応じて判断して使っていた。選手が実戦で判断してできたことはよかった。あとは守備のクオリティが足りない。磐田にプレー機会を与えすぎていた。

(広島について)広島は自陣に守備ブロックを敷いてくる。そしてあまりボールにプレッシャーをかけてこないチーム。自分たちがうまく攻略しなければならないし、相手はカウンターを狙っているので、同時に守備のリスク管理を徹底する必要がある。苦手意識はないし、去年の後半戦は勝たなければならない内容だった。ただ、広島のように低いラインのチームよりも、前からプレッシャーをかけてきてオープンな展開になりやすいチームのほうが戦いやすいということはある」

 

DF 13 金井 貢史

「自分が決めたゴールで勝てたのは前節の話。まずは守備陣の一人として無失点で試合を終えたい。ここまで完封試合は札幌戦(3○0)だけで、その試合に自分は出ていなかった。だから無失点で抑えて勝ちたい。セットプレーから失点が続いていることは、気にし過ぎずに気にしないといけない。誰かの責任にするのではなく、チームとして失点しない雰囲気を作りたい。逆にセットプレーで勝つゲームが増えていけば順位は上がっていく。そのときは自分もゴール前に上がってゴールを狙いたい」

 

 

下バナー

(残り 677文字/全文: 1377文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ