「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(得点について)たまたま僕が決めたということ」(中澤)・「この勝ち方ができたことはポジティブに捉えたい」(斎藤) [広島戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「前半と後半で違う内容になった。前半は我々がある程度ポゼッションできた。ただ、もっと中でプレーをコントロールしなければならなかったが、セットプレーからの得点は良かった。後半は少し下がって、守備に意識が傾いた。何度かチャンスがあって2点目を決めなければいけない場面があった。でも連勝できた結果は喜びたいと思う」

 

――後半の二人の選手交代の狙いと、守り切った守備の評価は?

「守備時にインサイドを広島に使われて、そこでコンビネーションプレーを出されていたので、それを抑えるためにタカ(扇原)を入れた。(伊藤)翔は長いボールをダイレクトでキープするために投入した。守備は選手を称えたいと思う。チームとしての守備を機能させることができた。特にセンタリングからの守備で、効果的なプレーをしてくれた」

 

MF 14 天野 純

「(アシストについて)あのボールは狙い通り。足に厚く当てるとか、球種を増やしている。セットプレーで点を取れればこういう試合が増える。マリノスにはセットプレーという武器があるということを見せられてよかった。あそこに(中澤)佑二さんがいるのはわかっていた。後半途中からはトップ下になった。ダビ(バブンスキー)が疲れてきて、相手のボランチの6番と28番を捕まえ切れなくなっていた。自分が高い位置に上がって相手のプレーを限定させる狙いだったと思う。リードしていたので、そのまま逃げ切ろうというメッセージかなと考えてプレーした。でも今日は勝っただけ。内容としては自分たちがやりたいサッカーはほとんどできなかった」

 

 

下バナー

(残り 1222文字/全文: 1921文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ