「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

殴り合いでボルテージが上がるのは後半の後半、つまり終盤戦だけでいい [J14節 川崎戦プレビュー]

 

川崎フロンターレが好調だ。5月はACLも含めて6試合を戦い、全勝だという。その中にはアウェイの鹿島アントラーズ戦も含まれており、昨季チャンピオンを3-0で撃破しているのだから脅威である。エリク・モンバエルツ監督は「客観的に見て、川崎はJリーグで最もプレーのクオリティが高い。チームがフィロソフィとスタイルを持っている」とその実力を認めている。

 言わずもがな、どの相手に対しても攻撃で主導権を握ろうとするチームだ。中村憲剛を中心としたパスワークはリーグ屈指。大久保嘉人が移籍してもチームスタイルに大きな変化はない。新加入の家長昭博や阿部浩之がフィットしつつあり、ほかにも豊富なタレントを所持している。間違いなくリーグトップクラスの矛である。

さて、マリノスはどうやって戦うか。ここまでの戦いぶりを見ていると、個々の総和で勝てる試合は順当に勝ち点3を積み上げてきた印象がある。反対に、鹿島アントラーズやガンバ大阪といった実力上位のチームには勝てなかった。浦和レッズに勝てたのは殴り合う展開に持ち込めたからだろう。

それでもフロンターレと殴り合うのは危険だ。負傷明けの齋藤学が先発復帰し、左サイドのマルティノスからウーゴ・ヴィエイラというホットラインが形成されたとしても、相手のオフェンス力が一枚も二枚も上だ。矛に対して矛を突きつけるのではなく、まずは盾を準備する必要がある。

 

下バナー

(残り 540文字/全文: 1134文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ