「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「サポーターがたくさん入ってくれて、特別なユニホームを着て応援してくれたので自然と力が出た」(金井)他 [川崎戦後コメント]

 

【試合をふりかえって】

エリク モンバエルツ 監督

「予測はしていたが、川崎フロンターレという素晴らしいチームに対して、自分たちはポゼッションしてゲームを進めることはできなかった。しかし、同時にもう一つ予測していた展開がある。自分たちがしっかり良い守備をして、ボールを奪った後にスピードのある選手を生かしてカウンターを仕掛けるというもの。特に後半、まさしく予測していた展開どおりになった。川崎フロンターレという素晴らしいチームに対して2-0という結果は満足できるものだと思う」

 

――2列目の齋藤とマルティノスの位置を、左右入れ替えた狙いは?

「少し前から考えていた。チームとして、より効果的な攻撃をするためにどうすればいいかと考えたときに、マルティノスと(齋藤)学の位置を逆にしてやるというところが一つのオプションにあり、今日はその決断が良かったと思う」

 

――最後まで集中した守備ができたと思うが。

「川崎フロンターレ戦において良い結果を出すためには、良い守備をすることは絶対に必要なことだったので、そのための準備をしてきた。特に中央のゾーンをコンパクトにしてスペースをなくすこと、そしてラインとラインの間を狭くして相手にスペースを与えないことに気をつけていた。そして選手全員が私のゲームプラン、私の指示を守ってくれたことが、チームとしてのパフォーマンスにつながったと思う」

 

――攻撃面で、ハーフタイムにどのように修正の指示を与えたのか?

「前半の自分たちはあまりにもボールを失うのが早すぎた。チームとしてボールを奪った後、常に速攻を仕掛けることはできない。速攻をするのか、それともキープしたほうがいいのか、その使い分けの判断が大事になる。選手には、ボールを奪った瞬間に相手の強いプレシャ-がかかるので、そこで落ち着いてボールをしっかり持つことを要求した。後半は相手のプレッシャーが来てもボールを失う機会が減って、それによって自分たちがそこで一度プレッシャーをかわせたことで、前方向への攻撃のチャンスにつなげることができた」

 

――美しいゴール、特に先制点のシーンは、監督にとって理想的なものだったのではないか?

「もちろんセットプレーからのゴールというものも素晴らしいが、あのゴールは流れの中から決めたものだった。あの場面は、マルティノスが逆サイドの裏に良いポジションを取っていて、ワンタッチで折り返し、さらにウーゴのシュートもワンタッチ。ワンタッチが続いて生まれた素晴らしいゴールだった」

 

 

MF 10 齋藤 学

「清水戦ではマル(マルティノス)からウーゴ(ヴィエイラ)へのクロスがすごくて、それが戦術になった。僕の位置にも前田直輝がいて、自分も競争しなければいけない立場。けが上がりだからといって低調なパフォーマンスではいけない。ルヴァンカップは負けてしまったけど良いサッカーをしていた。リーグ戦に出ている自分たちがみっともないサッカーをするわけにはいかない。今年まだ1点も取れていなくて苦しい時期は続いているけど、自分が点を取ってまけるよりも、点を取れなくても勝ったほうがいい。(2点目は)自分が押し込んでやろうかと思ったけど(笑)。フロンターレに勝つというのは、内容よりも結果が大きな意味を持つ」

 

MF 8 中町 公祐

「残り25分くらいから足がつって大変だった(苦笑)。でもこの前の三ツ沢で負けた残像があった。試合の終わらせ方と危険なところで味方をどう動かすかを意識していた。いままでうまくいかなくなったときに、ピッチの中で対応できていなくて、監督が求めるものに固執してしまっていた。それは弱いチームの典型で、試合に出るためのプレーではいけない。勝つためにプレーできないと上の順位には行けない。今日はとりあえず(中村)憲剛さんのところを(天野)純とタカ(扇原)に見させた。エドゥアルド・ネットもボールを出してくることはリサーチできていたけど、やっぱり憲剛さんの縦パスや裏へのパスでウチのディフェンスラインが下がることのほうが怖かった。特に純に頑張ってもらった。ボールを持たれていても圧迫感や威圧感はあまり感じていなかった。ボールを持っているチームが主導権を握っているという見方もあるだろうけど、相手にボールを持たせてゲームをコントロールするという戦い方もある。今日のようにカウンターから点が入ると往々にして崩れていく。そういう意味で我慢勝ちだった」

 

 

下バナー

(残り 1746文字/全文: 3612文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ