「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「まだまだ満足していない」(天野)・「無失点で前半を終えたことが大きかった」(富樫)他 [新潟戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「今日は2試合あったような内容で、前半と後半が違う内容だった。前半は予想していたとおり新潟がアグレッシブにインテンシティ高くプレーしてきた。我々の両サイドは良いクオリティを出していたが、相手のプレッシャーがきつく思うようにプレーできなかった。ただ、前半を無失点で終えることができた。新潟はとても走っていたので、体力的に落ちてくることを予想していた。さらに連動性を高めてプレースピードをもっと高めることを選手に求めた。そして我々が先制点を挙げてからは自分たちがプレーしやすい展開になったと思う」

 

MF 14 天野 純

「前半からミドルシュートは狙っていたし、自信があった。とりあえず隅を狙うという意識だけ持って打った。うまくボールを収めることができて、相手が来ていたけどシュートコースが見えた。リーグ戦での2試合連続ゴールは初めてだけど、点を取らなければいけないポジションだと思っている。まだまだ満足していない。選手が何人か入れ替わっていたけどコンビネーションは問題なかった」

 

DF 24 山中 亮輔

「相手が前からプレッシャーをかけてくることは想定していたけど、前半はバタバタして危ないシーンが何度かあった。でも前半を失点ゼロで終われれば勝てるという共通意識みたいなものがある。きょうは前半を無失点で終われたことが本当に大きかった。後半は(齋藤)学くんが左サイドになって、カットインできる選手なので追い越して行けるし、スプリントの回数を増やすことを意識した。マルちゃん(マルティノス)の場合は一人で縦に行けるから様子を見ながらプレーしていたけど、もっと上がってもよかったかもしれない。これで上との差が縮まったと思うけど、次は中3日のゲームなので良い準備をして臨みたい。(アシストについて)ゴール前のいいところが見えている感じはある。ラッキーです(笑)」

 

 

下バナー

(残り 747文字/全文: 1562文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ