「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

この勝たなければならない一戦は兵藤慎剛との再会も大きな楽しみのひとつ [J21節札幌戦プレビュー]

3試合ぶりの勝利を手にしたアルビレックス新潟戦から中3日、続けてアウェイで今度はコンサドーレ札幌と対戦する。札幌との対戦は実に5年ぶり。2012年の対戦では齋藤学が2ゴールを決めて完勝を収めた。それ以来、チームは初めて北の大地を踏むことになる。

新潟戦は結果的に2-0で勝利したが、序盤は思うようにボールをつなげず苦戦した。中町公祐と天野純がボランチでコンビを組み、前田直輝をトップ下で起用する新たな組み合わせだった影響は少なからずある。もちろん相手のプレッシャーに苦しんでボールをつなげなかった最終ラインに問題からも目を背けることはできない。

さらに真夏の連戦という事情が加わり、どのような先発を選ぶかに注目が集まった。中3日のトレーニングで戦術的な練習を行ったのは試合前日のみ。試合後2日間はコンディションの回復に時間を割き、火曜日に初めてフォーメーションとセットプレーの確認を実施した。

 

下バナー

(残り 809文字/全文: 1209文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ