「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「プロに入ってからヘディングゴールは初めて」(扇原) ・「ドームの芝の質はまったく違う」(飯倉)他 [札幌戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「予想していたとおりインテンシティの高いゲームになった。特に前半はダイレクトプレーで長いボールを使い、前線のフィジカルに優れた選手を使ってくることを予想していた。ただ自分たちがボールを持ったときは相手を走らせることができたので、後半は連動性のスピードを上げてゴールに結びつくことができた。先制したあとは自分たちがゲームを進めやすくなり、最終的に2-0というスコアになった」

 

――11試合負けなしの要因は?

「大事なこととして、11試合負けていないことよりも勝っている試合が多いことが大事。そして勝つために大事なこととして攻守のバランスが取れたサッカーをすること。しっかり守備をして失点を減らし、自分たちがボールポゼッションするサッカーが良いクオリティで出せている」

 

MF 14 天野 純

「CKの場面は(中澤)佑二さんと話して、相手GK付近はキャッチされてしまうので少し離れたところを狙おうと決めていた。結果的に決めたのは佑二さんではなかったけど、タカ(扇原)がいいタイミングで入ってきてくれた。直接FKはコースもスピードも悪くなかったけど、回転が少し足りなかった。今度チャンスがあったら必ず決めたい。(フルタイム出場が途絶えたが)そこにこだわっていたわけではないし、監督が決めること。そこに関して僕が言うことは特にない」

 

下バナー

(残り 1064文字/全文: 1661文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ