「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「我々は特にアウェイでリードした時に、守備でコントロールできている。これは我々のスタイルだ」(モンバエルツ)他 [鳥栖戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(新潟戦と札幌戦の序盤を振り返って)新潟戦は最初の25分間くらい相手のアグレッシブな守備に苦しめられた。札幌戦はもっと短くて、最初の10分間くらいだった。札幌の前線の選手のフィジカルと長いボールを使ったプレーに苦しめられた。でもそのあとは自分たちがゲームをコントロールできた。だから新潟戦と札幌戦では少し内容が違って、札幌戦のほうが早くリズムを取り戻せた。重要なのは2試合ともアンダイレクトでつなぐことを徹底して、それで相手を超えたこと。その中で特に(飯倉)大樹がいい貢献をしている。

(ゲームコントロールの手ごたえは?)その方法は大きく分けて二つある。ボールをもって支配することと、守備でコントロールすることの二つだ。札幌戦では主にボールをもってコントロールできた。でも時には相手が素晴らしい攻撃をしてくることもある。その場合は守備でコントロールする必要がある。我々は特にアウェイでリードした時に、守備でコントロールできている。その二つを使い分けられるのがいい。そして、これは我々のスタイルだ。チームによってはそのどちらかだが、我々は二つを使えている。

(鳥栖戦の選手起用について)新潟戦から札幌戦は中3日の試合だったので、選手をローテーションしながら試合時間を分けていくことにトライした。ここまでやるべきことはできているので、次は連戦の3戦目をどうするか。もちろん選手全員を替えることはできない。これから上位争いをしていくためには、疲労や痛みがあっても、それをメンタル的に乗り越えていく必要がある。もうひとつ上のステージに行くためにメンタルの強さが求められる」

 

MF 10 齋藤 学

「札幌戦で右足首をひねってしまった。まだ痛みはあるけど、試合は大丈夫だと思う。右サイドか左サイドかは試合状況によるし、相手と兼ね合いもある。マル(マルティノス)はスピードを持ったプレーで縦へ行けるので左右どちらでもあまり変わらない。自分としては左のほうが慣れているけど、右でも周りと絡みながらできる。新潟戦や札幌戦のように試合途中に変えることもできるだろうし、臨機応変にプレーしながらギアを上げていきたい」

 

下バナー

(残り 934文字/全文: 1862文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ