「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「チームだけでなく会社やサポーターも一体となって戦えている」(齋藤)・「チーム全体として体を張って守れている」(飯倉)他 [東京戦後コメント]

 

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「前半は十分にゲームをコントロールできなかった。ボールを失うのが早すぎた。ただ、相手に得点は許さずに守備をできた。自分たちの守備への切り替えのところだが、ここはいつもいいプレーが出せている。でも今日の前半はその切り替えのところがあまりうまくいっていなかった。それでも選手たちが修正をして後半に入ることができた。そういったメンタルの強さを示すことができたと思う。後半は前半よりもゲームコントロールできた。そして何度か良いチャンスを作れたが、得点には至らなかった。あとは選手交代によって状況の変化をもたらすことが必要だった。(ウーゴ)ヴィエイラは素晴らしいゴールだったと思う。ただ、このゴールはその前の扇原の素晴らしい動きから生まれた。先制後はリードをしっかりコントロールしてゲームを進めることができた。現在の上位争いを続けていくため、我々は14試合負けなしだけど、この流れを次に続けていくことが大事だと思う」

 

――現在のF・マリノスは守備が素晴らしいと思う。その中で中盤の底を務めている扇原と喜田がとても良い働きをしているのではないか?

「この二人のコンビの守備に関してだが、彼らは二人ともとても運動量があるので、そこでチームに貢献してくれている」

 

――F・マリノスのチャンスの形はカウンターが多いが、その点については?

「たしかに今日はカウンターでチャンスが生まれていた。その要因の一つとしては、FC東京が[5-3-2]の守備ブロックを敷いていたので、やはり遅攻で崩すというのは非常に難しかった。それであっても我々の左サイドはある程度機能していたが、右サイドが今日は十分に機能していなかった。後半は前半よりも良かったと思う。ただ、今後に向けてもっと改善していかなければいけないと思う」

 

 

MF 10 齋藤 学

「楽しかった。ゴールに直接絡めなかったけど、左サイドをしっかり崩せた。相手が引いて守る感じだったけど、その中でも効果的な仕掛けができたと思う。最初にあった1対1のピンチも(飯倉)大樹くんが駆け引きに勝って防いでくれた。自分も点を取りたかったけど、こうやって勝てていることが大きい。チームだけでなく会社やサポーターも一体となって戦えている証拠。足りないこともあるけど、その中でも今の順位にいられることが幸せ。ここから強いチームとの対戦が続いていく。戦術面もフィジカル面ももう一度見つめ直して、向かっていきたい」

 

 

下バナー

(残り 1557文字/全文: 2623文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ