「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「ビッグゲームになる」(マルティノス)・「チャンスをもらえたらインパクトを残したい」(シノヅカ)・「川崎の試合はすべて見ている」(天野)他 [川崎戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「川崎フロンターレに昨年から大きな変化はない。攻撃面で高いクオリティがあり、新加入の阿部は狭いスペースで速い動きを加えた印象がある。家長はコンビネーションの面で新たな要素をもたらした。ただチームとしてのスタイルは変わっていない。ポゼッションの力としては川崎のほうが高い力を持っていると思う。ただ、必ずしもポゼッションできたから試合に勝てるというわけではない。(キーマンは)中央のトライアングルの中村憲剛と大島とネットだ。特に中村がポゼッションのリズムを作っている。

(戦い方について)とにかく相手にスペースを与えてはいけない。そしてインテリジェンスを持って対応しなければいけない。あとは我々の背後のスペースを小林や阿部がダイアゴナルな動きで狙ってくる。川崎の攻撃はバリエーションが豊富だ。でも一番大事なのはスペースを消してコンビネーションプレーを出させないこと。我々の中盤のトライアングルの働きが重要になる。川崎戦に関しては相手に応じたポジショニングも必要になってくる。

(前回対戦と同じ狙いか?)前回対戦は川崎に対してのゲーム内容としてはパーフェクトだったと思う。でも、それは川崎という一つのチームに対しての戦い方だった。その後、チームがコンスタントに結果を出せたのは、やはり安定した守備があったからだと思う。今回は前回よりも高いインテンシティで戦いたい。そして川崎が守備をする時間を増やしたい。戦い方がどうであれ、最も大切なのは勝利すること。試合は勝つためにやるもの」

 

MF 10 齋藤 学

「これから強い相手と対戦して、我慢できるか、チャンスを決め切れるか、勝ち切れるか。臆することなく戦えるか楽しみ。攻撃の形や得点シーンを見るとフロンターレが一番怖い。ホームで対戦した時よりも相手の完成度は上がっている。そのチームに対してどこまでやれるか。前回対戦はウチが良くなるきっかけをつかんだ試合。とにかく我慢することが勝利につながった。自分自身は点を取れていないけど、チームが勝つことが一番。あとは自分が仕留めればいいだけ。ここで勝てれば本当の意味で上位に行く資格があるということ」

 

DF 22 中澤 佑二

「マリノスが守備に追われることは分かっている。とにかく先に点を取られないことが大事。我慢して守りながらも、自分たちには(齋藤)学とマルちゃん(マルティノス)がいて、カウンターという武器や意識があることは忘れずにやりたい。ここからは1試合も落とせないゲームが続く。フロンターレ戦はその1試合目になる。強いチームと対戦して自分たちの立ち位置が分かる。優勝を意識するのはまだ早い。フロンターレに勝つことで大きな目標に少しずつ近づいていける」

 

 

下バナー

(残り 2235文字/全文: 3393文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ