「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「完敗。これを意味のある負けにしたい」(喜田)・「強いチームは決めてくる。謙虚にやっていかないといけない」(中澤)他 [川崎戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「まずゲームの入り方が良くなかった。それでゲームを難しくした。相手の先制点も我々のクリアが悪くて、そこから得点を与えてしまった。前半の最後の20分はリズムを取り戻し、ポゼッションしながら攻撃につなげることができた。そして後半に入って何度かチャンスを作れたが、今日のゲームに関しては個人のところでのミスが多過ぎた。これだけミスが多ければ結果につなげることはできないと思う。我々のミス、エラーが多くて川崎に得点を与えてしまうという内容だった」

 

――川崎のプレスが激しかったと思うが、それがミスやパスがつながらないことに影響したのか?

「それも原因だと思う。相手のプレッシャーを予測してトレーニングして準備してきたが、今日はプレッシャーの中で選手が正確に判断してプレーすることが残念ながらできなかった」

 

GK 21 飯倉 大樹

「失点もそうだけど、今日は全体的に試合の入りが悪かった。フロンターレがすごく気持ちを持って入ってきて、最初から受ける感じになった。1失点目はミロシュ(デゲネク)のクリアが相手に入って、自分はポジションを修正している途中だった。シュートはポストぎりぎりで、運が良ければポストに当たるけど今日は入った。1失点目も2失点目も3失点目もミス絡み。自分たちのクオリティの低さで失点して、自滅の典型。ボールをつなぐ場面で相手のどこにポケットができるのか、時間帯も含めて考えないといけない。上位チームはクオリティが高いので、自然とこういう結果になる」

 

MF 5 喜田 拓也

「悔しいけど完敗。全体的に相手をリスペクトし過ぎたというのはある。すべてにおいて後手を踏んでいたと思う。ここでこけたけど、記録のためにやっているわけではない。ここで下を向くのはそこらへんにいる誰でもできる。僕らにしかできないことがある。サポーターの反応を見て、前を向かないのは漢ではない。次の試合で勝ち点3を取れれば大きな意味を持つ勝ち点3になる。いつもより相手のポジションがズレなかった。いつもは自分たちの立ち位置で相手を動かすことができるけど、研究されたせいなのか、そこはディスカッションしないといけない。でも、その中でももっとできたと思う。対フロンターレというのが頭にあって、受け身になっていたことは認めざるをえない。これを意味のある負けにしたい。今日の負けで積み上げてきたものがゼロになるわけではない」

 

下バナー

(残り 808文字/全文: 1841文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ