「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「SNSに自分の言葉を載せたら、いろいろな人がコメントしてくれて、本当に支えられていると感じた」 [齋藤学コメント]

 

 

27日、右ひざ前十字じん帯損傷で全治8ヵ月見込みと診断された齋藤学が、検査後初めて報道陣の囲み取材に応じた。受傷日から数えて5日目のため練習グラウンドに出ることはないが、すでに室内でできる範囲でリハビリを開始しているという。「前向きに考えている」という言葉を繰り返し、松葉杖姿ながらも気丈に振る舞った。なお、患部の腫れが引いた2~3週間後に手術を行う予定になる。

以下、齋藤学のコメントである。

 

 

下バナー

(残り 715文字/全文: 935文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ