「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「向こうに6年間いて考え方が変わった。どうやって目立って差を出すか。自分が仕掛けて、決めて、結果を出す」(シノヅカ)他 [大宮戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(右SBの人選について)本職の選手がいない状況で、その問題を解決しなければいけない。(松原)健は難しい。今のところ(遠藤)渓太で考えているし、それは先週から変わらない。去年も右SBでプレーし、そこでもいいプレーをしていた。もちろんそのポジションが本職ではないし経験は少ないが、ポテンシャルの高い選手。彼のスピードやアグレッシブさで経験値の低さを補い、ガンバ戦のようにプレーしてほしい。

(遠藤について)今年はU-20W杯に出場した影響でチームを離れることが多かった。そして同じポジションには(齋藤)学とマルティノスがいて、彼らがほとんどの試合に出ていた。渓太はルヴァンカップに出場していたが、必ずしもトップのパフォーマンスとは言えなかった。学とマルティノスを脅かすにはパフォーマンスが足りなかった。そして渓太のプレーはステレオタイプなところがある。右でも左でも中に切れ込んでいくことが多い。いまのチームのFWの特徴として、センタリングからの得点が武器になる。中にプレーするのもいいが、縦へのプレーを増やすことでプレーの幅が広がり、バリエーションが増える。いい例がマルティノスで、以前は中へのプレーが多かったが、最近は縦へのプレーが増えて結果につながっている。そういったインテリジェンスが必要。渓太はそういった課題を持って向上させていってほしい。

(下平を右SB、遠藤を右MFで使う可能性は?)匠の右SBはオプションとしては考えられる。ただ、左利きの選手が右サイドでオーバーラップして左サイドと同じようにプレーするのは難しい。我々はSBの選手に攻撃参加の役割も求めている。だからゲームのスタートということに関しては左利きの選手が右SBでプレーすることは考えていない。あとは組み合わせの問題もあり、渓太を前で使う場合は中へのプレーが多いので、健のように背後を上がっていけるタイプの選手がいい。

(大宮について)大宮は良いパフォーマンスを見せているが、最後のゴール前のところで効果的なプレーができず、そういった理由で苦しんでいるチームだと思う。それと今シーズンは家長が抜けた穴も大きいのだろう。そして他のチームとの力関係によって現在の順位にいる。シーズンの30試合近くを消化し、力を発揮できているチームは上に行き、力を出しきれていないチームは下位になる。そういった一つの事例だと思うが、大宮は力を持っているチームだ。

(マルティノスとミロシュ・デゲネクについて)マルティノスは代表戦に80分出場した。暑い環境だったことと、睡眠を十分にとれていないという問題がある。試合当日の状態を見て先発かどうか判断したい。ミロシュは2試合を戦い、2試合目は延長戦に入って120分プレーした。疲れがあるのは当然で、プレッシャーのかかる重要なゲームだったのでメンタル的な疲労もある。ミロシュは休ませて、練習試合に出場してコンディションが上がってきた(栗原)勇蔵はグループに入れる状態にある。

(残り6試合に向けて)上位を争える位置にいるのは幸運なこと。だからといって大宮戦もその他の試合も重要度は変わらない。良いパフォーマンスを発揮するために準備し、試合で良いプレーを出す。結果はあとからついてくる。そして相手が優勝争いしているか、あるいは残留争いしているかは、関係ない。ガンバは優勝と降格の両方の可能性がないが、試合のスタートから激しくプレッシャーをかけ、良いパフォーマンスを見せていた。我々はどの試合でも勝利を目指して戦うだけだ」

MF 18 遠藤 渓太

「最終ラインなので一人でやる守備ではない。いくら自分にスピードがあったとしてもボールのスピードには敵わない。ガンバ戦でも前の(前田)直輝くんをうまく使えなくて混乱する場面があった。失点しなかったから結果オーライではなく、失点したら自分の責任。本職ではないけど、試合に出るのだから慣れていないではすまない。自分のスピードを過信せずに頭を使って守りたい。自分の中では大宮戦に出場するつもりでいる。今年はなかなか出場機会がなかったので(松原)健くんや(金井)貢史くんが帰ってきても自分が出られるようにやりたい。本来のポジションではないけど試合に出ることが大事。残り6試合で自分の今年を変えたい。ヤマくん(山中)は結果を出し続けることでポジションをつかんだ。自分もそうなりたい」

 

下バナー

(残り 1178文字/全文: 3003文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ