大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

赤鯱新報

【赤鯱短信】会社員・中村直志が初出社。ホームタウン担当としての第一歩を踏み出す。(892文字)

S0703285昨季限りで現役を引退し、セカンドキャリアに名古屋グランパスの社員という道を選んだ中村直志さんが、いよいよサラリーマンとしての人生をスタートさせた。2月1日付けで(株)名古屋グランパスエイトのホームタウン推進部に配属となった中村さんは、3日に名古屋市内のクラブ事務所に初出社。与えられたデスクにはパソコン1台、電話1台あるのみで、仕事についてはまだまだこれからといったところだ。

「いやー、不思議な感じですよ(笑)。机にはまだ何もありませんし、今日から電車通勤ですしね。

(残り 676文字/全文: 909文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック