【サッカー人気3位】村井チェアマンの英断と日本選手の民度の…

赤鯱新報

【クラブニュース】名古屋グランパスが「サポートタウンフラッグ」を県内3か所に掲出。今池には中村直志ホームタウン担当も出動!

フラッグ交換をしながら笑顔の中村直志ホームタウン担当。

フラッグ交換をしながら笑顔の中村直志ホームタウン担当。

2月28日、名古屋グランパスのスタッフが開幕戦へ向けホームタウンを盛り上げるべく、恒例となっている「サポートタウンフラッグ」の掲出を行なった。今年は名古屋市内の今池商店街と瑞穂通商店街、そして安城市商店街で開催。クラブスタッフと商店街の関係者に加え、サポーター有志が参加し、前年に取り付けられていたフラッグを新しいものへと交換した。

今池商店街での活動には中村直志ホームタウン担当も参加。自ら脚立にのぼって取り付けを行なうなど積極的に働き、約50名のサポーターたちとの交流も深めながら、約200本の交換を無事に終えた。

IMG_9475-1

フラッグ交換をしながら笑顔の中村直志ホームタウン担当。

中村ホームタウン担当は「こうしてスタッフの立場になってサポーターと触れ合ってみて、チームのために尽力してチームを支えてくれている方たちがいるのを感じ、ありがたいと思いました」と笑顔
。選手時代よりも近い距離でのサポーターとの触れ合いを通じ、ホームタウン担当としての思いを新たにした様子だ。

Jリーグ開幕まで1週間。名古屋グランパスはホームタウンとともに今季も戦う。

サポーター有志と記念撮影。中村ホームタウン担当は、すっかりスタッフとしての顔になった気がする。

サポーター有志と記念撮影。中村ホームタウン担当は、すっかりスタッフとしての顔になった気がする。

※写真提供:名古屋グランパス

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック